駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

文学フリマありがとうございました

警備員と文学フリマ参加者に愛が生まれたひとときemoji

そんなわけで、今日は東京流通センター文学フリマ、参加してきました。

新刊も無いし、準備不足だなと思いつつの参加でしたが、だんだん慣れてきたのか、そんなにすごい忘れ物もなく、とてもいい時間を過ごせました。

今日は、自転車で行ってみました。

前にも自転車で行ったことはありますが、環七南下だといきなりきつい歩道橋が現れ、自転車+重い荷物、のわたしは途方に暮れたものでした・・・・

今回は、環七ではなく、もう一本品川寄りの大通りには自転車に優しい歩道橋があって、そのルートだと自転車で流通センターに行きやすい!という情報を得て、遠回りでしたがそれで行って・・・・まあまあ、無事に到着出来ました。

慣れてきたと思うのは、以下のものをちゃんと用意したこと・・・・

机に敷く布、おつり、たてかけるスタンド、そして、ドリンク&オヤツ!

文学フリマはカレー屋さんが出展しているので、買えると言えば買えるのですが、やはり好きなものを食べるのが最高ですね。

売れないことにも慣れてきたので、1つでも売れればオオハシャギ・・・

そもそも、もうそんなに持って行かないです・・・だってそんなに売れない・・・(;;)

だから自転車でも、らくらくでした。

今回はお隣さんもCDオンリーだったということもあり、意外とCD関連が動いたなあという印象です。試聴してくださった方も何名か・・・。聴いてもらえるだけでも嬉しいです。

あと、駅員さんの布袋も売れました←絵の部分に直接アイロンをかけないでください~って言うのを忘れました。

事務所で障がい者さんと制作した袋なので、ニーズがあって、ほっとしました^^。

こういったことからも、冊子だけじゃなくて、いろいろなものに文学の可能性とか、売れる可能性を感じました。

冊子もそれなりに動いてくれました。

おかげで、「松岡宮の白髪白書」はもうほとんど在庫が無いです。

「駅員観察日記3」も在庫が無いですが、これはコミケまでに増刷したいと思います。

お買い上げの皆様、本当にありがとうございました。不良品などありましたらお知らせくださいね。

お隣さんと、音楽制作やライブの談義をしたりしたのも、楽しかったです。

ある程度音楽活動をしてきた方とは共通の話題もありますね。

また、ポエトリー界ではよく知られた方である、村田活彦さんもお声掛けくださり、なんとツーショットにも応じてくれました。

写真をネットにばら撒いてもいいというので、ネットにばら撒くことにします。

ところで村田さんとわたしは何がきっかけで知り合いなんだろう?隣の方にきかれましたが、ぜんぜん覚えてない・・・(~~;;)

売り上げ少ないですけど、ほのぼのと楽しく過ごせました。

しかし、早起き+自転車、で、ちょっと疲れはあったかもしれません。

最後はウトウト・・・・。

お世話になった皆様 ありがとうございました。

そして帰宅し、夜は蒲田Studio80で、山崎廣明さんプロデュースオシャレルズのライブ、堪能しました。

お正月のクラブチッタ以来の山崎さん&オシャレルズ。

パーカッションやリズムが気持ちよく、プロの音楽だな~という感じ・・・。

その前に出演した、ヘビーメタボもかっこよかった。

ちょっとずいぶん疲れてましたが、逢える機会に皆様に逢えて、よかったです。

ではでは おやすみなさひ。