駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

鼠 の 埋 葬

自転車で国道を走っていたら 

なぜか歩道の真ん中で

鼠が 倒れていた

腹部に圧をかけられた形跡

死後が あるいは生前か

自転車にひかれたのか

「ねずみに引かれないように・・・・」

と 前の職場で よく 言われた

意味がわからないけど

縄をかけられ なぜか移動させられている自分が居て・・・

小さな鼠に引かれると怖いこともあるようだと おびえさせる言葉でもあった

鼠、引くのか、轢かれるか。

歩道の鼠の遺体を迂回してしばらく走ったのだけど

そうそう わたしは ねずみ年・・・

後ろ髪を引かれて・・・

・・・・ああ、 まさに ねずみに後ろ髪を引かれて!

やっぱり戻って 埋葬することに

した

生きとし生けるもの 

どうか与えられた命のままに

やすらかに

何気ない朝にもたくさんの生命が奪われ

あるものは障がいを残し

あるものは傷を残す

東京都内のどこかで毎朝没する鼠たちが静かに消滅してゆく

駅の片隅で損なわれ傷つく乗客たちよ

やすらかに

やすからに