駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

プラットホームはいま車掌に支配されて

(写真と本文は関係ありません)

車掌が息を呑めば乗客もすべて息を呑む

予告も何もないけれど

はじまりはじまります

はりつめた空気全てが車掌を見る

発車の時刻とは車掌のショウ・タイム

これからはじまりはじまります

たくみな白い手袋の指

プラットホームという女体を知り尽くした車掌がベルのボタンを押すと

女体はひととき硬くなり

すぐに車掌に従う意思を示した

痙攣する女体の傍らで10両編成の電車が動き出せば

車掌の右手が空気を払うように動き

プラットホームは電車からこころもち離れた

あっというまにフィニッシュさせて

ひとつの仕事を終えた車掌

これでおしまいおしまいだよ

またひとつプラットホームを手なづけて

そうして電車は

西へ西へ

先日、自衛官が駅にいらっしゃいました。

制服はバッチリ決まっていて、かっこよかったです。

でも・・・わたしはやっぱり弱そうな駅員さんのほうが好みかも・・・。

最近、夫が夜勤続きのせいか?

食事がいい加減になってしまい

夜食だらだら食べて なんかいけませんね・・・・。