駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

駅員の腰は丸腰で

すっとした尻の駅員・・・

警察官と比較しても駅員が腰に持つものは少ない

ご案内 行程表など

そのほとんどは紙で出来ているものだ

夕映えに駅員の影が長く伸びるとき

駅員の尻はふつうの尻で

曲面と平面を組み合わせた優しい尻で

そのあたりまえのひとのかたちに

わたしは安心するのです

・・・安心させようとするのです

駅員は・・・

お客さまの安全を第一に考えている・・・

駅員は・・・

だから警備員ではない!と言い続けるのです

駅員と警備員は別である!というために

警備員を別に作り上げた

駅員は警備員じゃありません!

駅員は警備しない

駅員は武装しない

駅員はただお客さまのほうを向いています

太陽に向かって伸びる細い草みたいに

駅員はただお客さまを幸せにしたいだけ

なのです

・・・ときどき 踏まれちゃいますけど ね・・・

踏みつけられた駅員の薄い尻が雑踏に溶け込む

駅のホームでわたしの身体を包み込む

お客さん、駅員と、お客さんは、出会った、ね・・・。

ホームドアのない駅ではいつも

駅員の薄い身体がたよりだった

そして

ホームドアがついてしまっても

駅員はやっぱり消えはしないでしょう

ええ

葉っぱのように薄いのだから

大丈夫

どんな隙間でも入り込みますよ

駅員が 笑った

バタバタしている日々でしたが、台風のおかげで少し休めています。

8日(水)はオープンマイク@大久保水族館、12日(日)は新宿御苑RUTOでライブ出演します。

日曜日のほうは19時半という良い時間に出演させていただきます。

表現の世界でやることがあるのって幸せだなと思います。

よろしくお願いします~。

メルマガ「月報・松岡宮」もゆうべ発行しました~。

購読希望される方はメールでその旨お知らせくださいね。