駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

神楽坂のほとけさま~

そんなわけで・・・

無事に 神楽坂のライブペイントポエトリーミュージック公演、終えました。

ハード面のトラブルは どんなライブでも起こることですが・・・

今回も・・・ワイヤレスが調子悪い・・・とPAさんが悩んでいて、結局、周波数を変えて無事に使えたのですが、ずいぶん年数が経過したものなので接触の問題かなとか、いろいろ考えてしまいました。

照明さんが前回のライブペイントと同じ方で、安心でした。

最初はヴィジュアル系の吉法師さんでした。

ヴィジュアル系の方はみんなそうですが礼儀正しく、

場内の誰よりもきちんと化粧をして、魅せる感じのステージしてくれました。

追っかけも良い方たちでした★

つぎは水沢魁蓮さんです。

久々に歌をきけました~。

かいれんさんとも共演することが多いので、かいれんさんのお客さんとも顔なじみになり、出版の方からは、「うちで絵本つきCD出しませんか~」なんて言われました。いっしゅん考えた!

ライブペイントのスクリーンですが、前回よりも軽量化をはかったばかりに、板がはずれてしまったり、布がたわんでしまったりと、ハード面の不安はこちらもあったのですが、なんとか無事に本番を終えることができました。

楽曲は

1.おなんこの絵を返して(←書き下ろし!)

2.アルツハイマー病レクチャー

3.マザリングエクスプロージョン

4.骨み骨むとき骨が好き

5.VESPA!

6.大脳エクスプローラあなたを探しに

限られた時間のなかで絵を描くってすごい技術だな~と思うのですが…さのともさんの絵、

みてやってください~。

・・・わたしの至らないスクリーンや舞台のなかで、こんなにバランスの良い、慈愛にみちた絵を描いてくれました。

見えにくいですが、指とか顔とかに色が入っています。

まるで洞窟画のように 自然な絵です。

年を取ると・・・自分ひとりでは出来ないことに気づかされます。

いろんな方の助けを借りて、舞台活動を続けられること、ありがたいです。

終了後は店長との反省会・・・というかいろいろねぎらっていただきました。

帰りはお茶とビールの神楽坂。

さのともさんお客さんありがとう!