駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

宮崎台「電車とバスの博物館」行きました

前々から関心のあった「電車とバスの博物館」に行きました。

東急田園都市線「宮崎台」駅すぐです。

結論からいえば・・あまり「のるるん」とか「ノッテちゃん」が目立たなかった。

この博物館のキャラと思われる「制服うさぎ」が支配しているからかもしれません。

入場料が100円と安く、あまり期待していませんでしたが、制服系が意外によかった!

みてください。

おお。

新旧東急の制服!

袖に白線の時代のが無いのが残念ですが(※バスのコーナーにはありました)

現制服が意外に整った感じの服であることや

以前の制服が、現在より青味の強い紺色だったことがうかがいしれました。

アップでどうぞ。

へへへ・・・

なんか おしゃべりしているみたい・・・いいですね。

「お前のネクタイなんか変だな」

「お前のネクタイこそ変だよ」

東急の制服、というのは、その企業イメージからすると意外なほど地味で堅実で

華よりは安定感みたいなものがあるのかなあと感じました。

しかし、高津、宮崎というのはどう考えても駅名(地名)から取っているので、名札は特注かな・・・。

東急の歴史で、目蒲線こそ東急の生まれ故郷だと気付かされました。

昔は目黒蒲田こそ花形だったようなのに、武蔵新田、矢口・・・・いつから多摩川線はあんなに存在感の薄い線になってしまったのでしょう・・・

羽田にゆく「かまかま線」で起死回生!するかしら・・・。

何故かわたしがカメラを構えると・・・お子様が入り込んできます。

しかもバッチリ、カメラ目線。

わたしに写されたかったのかしら・・・

背後で父親が叱る声が 聞こえました・・・。

この博物館は意外とシミュレーターが多かったです。

とくに、イベント館の飛行機シミュレーターが意外にすいていたので

ついつい 並んで ・・・・操縦してきました。

ベテランのおじさまが 丁寧に指導してくれました。

大人でもいいですか?ってきいたら、もともと大人用ですから、って微笑んでくれました、おお、うれしいな。

東京上空?を離陸して、南の島や、富士山を見ながら、着陸・・・はい、お上手です、ほめてもらった。

このおじさん、毎日まいにち、同じ航路を指導しているんだなあ・・・・

架空の日本上空を、少年少女の夢を浮かべて飛び回るお手伝い・・・その繰り返しが、不思議と駅員とも共通すると感じました。

そんな感じで、意外とよかった「電車とバスの博物館」でした。

宮崎台の駅前に、カフェとか全然ないのが、ちょっと困りましたが・・・シミュレーター動かしたい気分の時はぜひ!

ライブまでもうすぐ!

予報では台風の影響で大雨ですが(;;)がんばりますので、ぜひオニギリ握りにきてください。

ビデオなど撮って下さる方も募集しています。

★9月25日(木)【神楽坂定位置】

場所 KAGURAZAKA EXPLOSION

料金 2200/2500(+1d)※フリーおにぎり有り。

出演

 さのとも(live painting)×松岡宮(poetry performance)

 吉法師

 水沢魁蓮