駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

大阪市営地下鉄は あ や し い ・・・

大阪では、市営地下鉄にばかり乗りました。

なぜならば、The Hummingbirdsのマユミさんが、大阪人らしく、「1往復でモトが取れるから!」と、一日乗車券を勧めてくださった、から・・・。

いや、ほんと、オトクで、良かったです★有難うございました。

そんなわけで、駅員観察も市営に偏るのですが、なかなか独特の雰囲気がありました。

まず、募集のポスター。

都内ではあまり見なくなった、ドゴール帽子っぽいです。

この帽子だと、なんとなく気品が出てきますね。

官営の雰囲気?

「袖カバー女子」的な・・・・?

笑顔が4つあるのに、何だか怖いポスターだとも思ったのです。

2つ前の記事に掲載した駅員イラストが、お気に入りです。

どこか懐かしくて、不思議に儚げな笑顔・・・

風船玉みたいなお顔。

漫画みたいにスリムでしなやかなボディ←漫画ですって

その駅員は、このポスターでも、スパイダーマンみたいに横から顔を出しています。

しかも、英語ができます!というアピールも忘れず・・・。

・・・そこは関西弁じゃないのかと・・・。

ああ、可愛らしいのう。

あと、この駅員は、乗客の安全の為なら、泣いたりもするようです。

みてください。

・・・あああ、いいなあ、この、駅員ダンス!

子どもだって泣いてないのに、ナニひとりで泣いてるんだ駅員!!

動きが妙に軽快で、スソが踊っているのもいい・・・。

やっぱり、どこか、儚げなのも、いい・・・。

正しい駅員とはコレだわ!と

原点を思い出させてくれた 大阪市営地下鉄の駅員さん・・・

でした。

これも可愛い駅員さんでした。

わたしは元巨人の上原投手(寝屋川出身)のファンだったし、上原さんの顔は好みのタイプなので、

・・・関西系の男性ってタイプかもしれないな~

なんて 思ったこともありました。

だが・・・

 だ が 

   し か し・・・

本町駅のキャラ?「ほんまっちょマン」は・・・

 い か が な も の か ・・・?

うーむ・・・可愛くない・・・

この可愛くなさは・・・西武のタコちゃんに通じるものもあるが・・・

うーむ・・・

うーむ・・・

ほんまっちょマンは いったいどのようにして 生まれたのだろうか・・・?

駅員が描いたキャラだろうか・・・?

この違和感が ものすごい・・・

シャム猫がいつのまにか家に住みついていた みたいな違和感か・・・・?

ダイヤモンドが洗面台に何気においてあったような違和感か・・・・?

以下のポスターなんて 意味わかりません!

タイトル:秋の夕暮れ。

何か ここに 駅員的なメッセージでも込められているのかと思ったが 判らない・・・。

この絵をずっと正視していると 

なんともいえない気分になり

正常な思考すら奪われ

断念する・・・

結局 このポスターが何をいわんとしているのか よく 判らなかった・・・。

なんか モデルが居るのかなという気もしました。

(・・・モデルが居たとしても 別に 逢わなくていいです・・・ええ(~~;))

しかし この

あらゆる解釈を拒む ほんまっちょマンの絵に 芸術の本質をみた気がしました。

こうしてあなたのことが忘れられない自分がいる・・・

やっぱり ほんまっちょマンに 惹かれているの

かしら・・・。

大阪市営地下鉄のあやしい魅力 なかなか 奥が深いようです。

ありがとう大阪。