駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

ワイドビューしなのにて記す

さっきこぼしたコーヒーが

革のカバンに染み込んで

じわじわとジーンズの膝に香りを移す頃

ワイドビューしなのは北へと進路を変えながら長野への山道を向かっている

自由席は9号車と10号車

比較的すいており

思いおもいのかっこうで乗客は寝不足を解消する

車掌がやけにゆっくり案内する

お手洗いは奇数号車です

車内販売の営業はございません

足を台に乗せて眠りの只中にいたわたしは

車掌検察のたびに

お行儀よくして足をおろしていたのだが

だんだんとお行儀のハードルは下がり

美容体操よろしく足を上げて

はーい、車掌さん!

帽子をとって頭を下げる車掌の腕に1つ赤いのは虫刺され

車掌も人の児、蚊に刺されてはかゆくなる

ゆらゆら快適なワイドビューしなの

本を読んでも酔わないみたい

嬉しいね、ワイドビューしなの

足上げたって怒らないでね

行儀悪く寝るのは信頼の証

車掌の子たち今日も眠るよ自由席で

車掌の子たち安心して足を上げるよ

自由席で

Xperiaから送信