駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

地震を止めるよ駅員は

おお、とうとう小田急の駅員は、地震を止める係になったらしい・・・。

彼らに、そんな怪力があるとは 知らなかったな・・・・・

いやいや、駅員は 霊力があるので

地震予知くらいはきっと出来てしまうのである

駅員の上半身にこめられたプログラムは乳首の輝き、にちようび。

太平洋のかなたに振動があることを把握する駅員・・・

地震の予兆を感じたら駅員の身体は拡大化し

その両手で橋脚をぎゅっと握ることになっている

 なまず駅員 ドサササー!!

    ・・・小鮎が ぴょん!

そうだ

なまず、と呼ばれた おとなしくて怠け者といわれた駅員がその役目だ

多摩川も 相模川も 彼ひとりで守ることになる

大きくなった駅員の身体が水辺に横たわり

橋脚倒れるな! 電車倒れるな!と 

そのたくましい手首で

守り続けているの

巨大化した駅員が横たわる相模川沿い

テトラポッドソニーの工場 

小田急の制服が濡れてもあなたを握り続けます

駅員は地震から橋脚を守るため

ずっとこうして握り続けています

仕事でこもってることが多くなかなか電車に乗れていませんが

防災の日に 

地道に地震対策をしている鉄道会社のことを 思い出し

こんな記事を書いてみました。

・・・駅員さんは万能細胞!

松岡宮がはじめてプロのレーベルAthor Harmonics/Candy Recorderから出しましたCD「Limited Express 383」も

よろしくお願いいたしますね~。

" title="" >