駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

柵になってしまう駅員は

誰よりもホームの端っこをゆるゆると歩む駅員の

淡色の背中を見つめている

あなたも もうすぐ 柵になってしまうの

にぶい黒色の革靴は覚悟を決めたように外股に進む

ホームの西端までいったら

それでおしまい

では さよなら

細い目で振り向く

駅員はマジックで描かれた絵画ではなく

フェルトで縫われた優しい輪郭の像だった

あなたは柵に・・・ 

あんな 金属に 仕事を取られて いいのですか?

良いのです

柵は優秀な奴

24時間立ち続けていても真っ直ぐな立位を保つことができる

健康で 精神力のある 有能な奴ですから

フェルトで出来たほほ笑みが蛍光灯に埃っぽく照らされた

ちゅう ちゅう

脇をネズミが駆け抜ける

では さよなら

両手を広げてのびをする駅員は

だけど 悲しいくらい

普通の人間なのですよ

Xperiaから送信