駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

サヴァイヴァル小田急線

新宿始発の混雑した車内で

わたしの頭に何か固いものがゴツっとぶつかった

けっこうな衝撃 

イテテテテ・・・

頭を押さえながらみてみると

それは若者で

荷物を網棚に乗せようとしていたのだった

しかしもちろん謝罪などはなく

わたしのことなど居ないもののようにスマホをたぐる若者が

さらなる混雑にぎゅうぎゅうと薄くなってゆく

彼も 彼の また 準備・・・

トロントロン

ここでは下等生物になったもの勝ちです

トロントロン

すべての乗客は下を向いて手元と会話をしている

サヴァイヴァル小田急

いつ何時に乗っても混雑している小田急

体ねじった窓から見えた駅員だけは神々しくて

・・・くるしいくるしいくるしいって声に出してはいけないと車掌が言った気がしたのだがそれは思い違いかもしれない・・・

トロントロン

はじめて電車の乗客が怖いと思った

しかもその混雑はなかなか引いてゆかない

背中側にいる人のひじが背骨のあたりに差し込まれてゆく

下北沢から成城学園前までの時間が短縮化され小田急の企業努力は感じられたが

人間は客車におりませぬ

このどんよりとした空気

人間は夜空に預けたまま

トロントロン

誰も笑顔を見せない空気

にげるかねむるかおかしくなるか

ここでは下等生物になったもの勝ちです

サービス10大用語を思い出す

ありがとうございました

申し訳ありません

・・・・その先は なんだっけ?

小田急スイスフェア!>

小田急丹沢大山キャンペーン!>

小田急線のなかにいます

神奈川県も深くなってくるとやっと車内に安寧が戻り

そのころにはわたしも下車する駅に到着する

駅員は相変わらず黄色いオーラをもち

美しい姿かたちを保っている

わたし小田急の駅員が神々しい理由がわかった

あの地獄のような車内から街や家庭へと戻るには

お清めが必要なのだ

小田急の車内でくずれた積木を小田急の駅員の手助けによってふたたび組み上げるために

人であり人を超えた美しい存在

駅員が 必要なのだ

実家掃除は続きます・・・・。

だんだん、禁断の押入になってきました。

今日みつけた面白いもの。

 わたしが幼稚園児だったときの絵、ワヤン人形、そして、箱いっぱいのサンゴ・・・何に使うのかな?