駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

甘いマスクのメトロ駅員

東京メトロの正社員募集ポスターが目を惹きます。

上半分はこんな(↑)写真、かっこいいです。安心感を与えてくれますね。

黄色×ブルー、というのがテーマカラーなのかな、どっしりとした感じをくださって、すばらしい。

このポスターの下半分が、おどろくべきスイートな駅員のドアップでした。

みてみましょう。

おお、これまでの駅員像とは異なる、甘いマスクの駅員ですね。

韓流の、俳優のよう・・・。

スイートな香りが ただよってきます・・・

お客様、ご注意ください!

ぼくに、ぼくに、ぼくの愛らしさに見とれませぬよう・・・ご注意ください!

終電まぎわの夜中の駅に登場して、年上の女性のハートをわしづかみにする、甘いマスクの駅員。

くちびるとがらせて、何か言いたいことがあるの、可愛い駅員さん・・・

うるうるした目で、何か言いたいことがあるの、気になる駅員さん・・・

お客様の安全を見守っている、その、あなたが魅力的でどうするんだ・・・

10代女性も

20代女性も

50代女性も

60代女性も

みんな あなたを見つめていたくて・・・

ホームは女性の大津波

エブリディスイーツ、エブリディチョコレート!

可愛すぎる顔の駅員のいる駅は

スイートな香りを漂わせています

昨日は大学学科時代の仲間とミニ同窓会でした。

自転車乗りすぎて遅刻してしまった・・・。

理研の方ノヴァルティスの方もいてみなさん活躍しているなあと思いました。

フリーランスのわたしは、やってる内容はみんなと変わらないと思うのですが(臨床、教育、研究等)、肩書なしで仕事内容を説明するの、むずかしいですね。

わたしだけなぜか、芸能人、芸能人、って言われました。

わたしは自分の名で詩や論文を書いたときから世界に対して開いている感覚があり、研究職とはそういう宿命、つまり新しいものをきりひらき表現する喜びと引き換えに安全ではないかもしれない宿命を持っているのかなあと感じ続けてきました。

みなさん楽しい時間をありがとうございます。

また誘ってくださいね。