駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

蒲田行進曲フェスタ&三鷹おんがくのじかん、感謝。

13日は、蒲田行進曲フェスタという大きなイベントで、ライブをさせて頂きました。

野外だと、音の聞こえがどうかな?という心配もあるのですが、今日は音の戻りが、とてもきれいでした・・・よく抜けていた感じ。

・・・だからといって、「今日のライブの感想は?」と聴かれて「音の戻りが綺麗だった」などという必要はなかったな・・・・(笑)

なんかムダなこといっぱい喋ってしまった気がします。

セットリストは

 山手キャンディーそれはどこまでも深い大江戸線M-FraFraEuroEuroTGV-恋の山手線。

障がい者家族会の会長さん副会長さん、そして当事者さんも応援に来てくださり、感激でした(;;)

会長さんから、<大江戸線の作品はよく判りませんでしたが>と、率直な感想いただきました(笑)そうですよね・・・自分でもわからないくらいですから・・・・。

手元にあまり写真がないので、作詞家の秋谷銀四郎先生とのツーショット写真を転載します。

後ろにホロホロと見える制服たちが、蒲田の街をいろどっています!

とてもたくさんの仲間に出会い、FPOEM時代の知り合いを含むお客さまに恵まれて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

星埜さん、みなさん、有難うございました。

少し休んで、夜間は三鷹「おんがくのじかん」での「空間系おんがくのじかん」に出演いたしました。

アコースティックなイベントなので、わたしの作品浮くだろうな~と思い、少しゆるっとしたポエトリー作品を加えたりしました。でも、シンセがブリブリしている作品もみんな笑ってくれて、良かったです^^。意外とウケた!

時間的に中途半端な参加となってしまい、主催の浅井かすかさんには申し訳なかったです。

三鷹おんがくのじかんは、アートな雰囲気のある素敵なところでしたので、今度はハコにあった作品を書き下ろしたいなと思います。

いろいろ事情があり、明日からちょっと旅に出ます。

ブログ更新が滞るか、頻繁になるか、たぶん後者じゃないかと思いますが(~~)

また旅の話など書きますので、読んでくだされば嬉しいです。

月をつつむ雲が綺麗です。

出会ったすべてがいとおしく感謝でいっぱいの夜です。

おやすみなさひ。