駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

神楽坂ありがとうございました

そのようなわけで、気候も良い中、「神楽坂定位置」無事に終わりました。

今回もまたいろいろ新しい経験をさせていただきました。

初挑戦・・・さのともさんによる、シーツ2枚分のライブペインティング。

これは島忠で90センチの棒を3本購入して、蝶番でつなげて支柱にし、布に通しました。

結果的にEXPLOSIONの舞台にぴったりの大きさで、良かったです。

あと、炊飯も定番になってきたので、これまでの5合炊飯器だと大きいなあと思って、

3合炊飯器を中古ですが購入しました。

ビデオカメラも買いました、が、仕事も考えて、SONYの音優先のものを買ってしまったので、ズームとか出来ませんが・・・。

FBで、PattiSmithを目指せ!と言われたので、スカートをやめて、パティ風の、ゆるい男装的な衣装で行きました。

こんなです。

 

黒いタイをゆるっとしています。

あと、普段も開襟はあまりしないのですが、パティを真似て開襟しています。

チョッキも前をあけたのは初めて・・・。

この写真をみて判りますように、珍しくワイヤレスではなく普通のマイクで声を出しています。

なぜならば、ワイヤレスのAC電源が、リハ前に壊れてしまった!!

そこでリハを終えたあと、あせってbicに買いに行ったのですが、買ったものが結果的にやっぱり使えず・・・・急きょハンドマイクになりました。

こういうアクシデント・・・あるのですね(;;)ちょっと悔しい。

最初は、もうおなじみの、水沢魁蓮さん。今日はCCれもん君とのコラボ。

紙芝居が有ったりベース演奏も歌もあり踊りもあったりと、いつもより明るくて、バラエティに富んだ音楽舞台でした。

水沢さんのお客さまたちとも顔なじみになって、「今日の炊き込みはなんですか?」とか訊かれるようになりました(~~*)

二番目はシキソクゼクウの吉美四季さん。

鍵盤をたたきながら、あううううううーとのびやかな声を出されます。(←語彙がない)

マジなボーカリスト

勝手に「地下アイドル系」かと思っていましたが、本格的なアーティスト系でした。

わたしは初対面で、初めて聴くと、その場では何が起こっているのかわからないのですが、後から思うととにかく独特の空気があって、雰囲気がありました。

「仕事帰りで疲れた」とかいいながら気合のこもったライブやりこなすのが凄いなあと思いました。

3番目はこちらもすっかり共演仲間となりましたFICEさん。http://fice.jp/profile.htm

けっこう歌そのものが聴けて、満足でした。

知ってる歌を歌ってくれるの嬉しいですね。

昔の歌もそれなりにFICEらしさがあって、おもてなしの心を感じました。

そうそうFICEといえばおもてなしです。

ハッピーにしてくれる方々です。

さて最後はわたしです。

さのともさんのペインティングということで、そちらの準備に気合を入れすぎ、楽曲は最後の1週間でバタバタ用意しましたがその割に新作???もあります。

セットリスト

1.生徒会長 石井君

2.シャープペンシルの芯

3.きれいきれいきたないきれい

4.骨み骨むとき骨が好き

5.ジャカルタ日本人学校校歌

6.骨と皮の上級生

5の校歌がいちばん印象に残ったらしい・・・うーむ(;;)

その間、さのともさんに絵を描いていただきました。

喉の調子などいろんなコンディションが良くて、気持ちよくライブさせていただきました。

さのともさんは、水沢さんやFICEさんともつながりがあり、それもあって最後まで和やかなイベントでした。助けられましたね・・・。

素晴らしいお客さまにも恵まれ幸せな一夜でした。

みなさん本当にありがとうございました。