駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

恐怖観覧車/レコーディング11日目

蒲田東急プラザが改装されるとのことで 観覧車が無料開放だったので 乗ってきました。

蒲田育ちの夫が、この観覧車を嫌っており・・・

僕は絶対に乗らない、怖いんだ、なんかわからないけど怖いんだ。

(もう なくなっちゃうかもよ~)

な く な っ て い い ん だ !

というくらい 嫌っております・・・。

なんでこんな可愛い観覧車を嫌うのかなあ と思いつつ

わたしもはじめて 乗り込んでみました

が・・

たしかに かなり 揺れました・・・

ひとりで乗ったもので 少し移動するたびに すごく ゆらゆらと 揺れてしまいます。

写真を撮りたいと思っていたのですが

てっぺんまで行く前に 

・・・酔いました(++)

けっこうゆっくりで 時々止まったように感じられるときがあり

そんなときは・・ゆらゆらとしてしまい 宙吊り感が ありました・・・

頑張って写真を撮りましたが これを書いている今でも

ユラユラ 足元が揺れている気分です・・・。

でも 東急の多摩川・池上線が走っているさまは 壮観でした。

そのあとはレコーディングの・・・数えてみたら11日目かな・・・。

コーラスなどを重ねています。

・・・歌でもないのにコーラス!?

そう、今日は、語りをハモらせるという試みを しました。

森社長のご近影でもどうぞ。

「ヒースロー、朝10時」という作品で、森社長が言いました。

「”日本の国民であるこのパスポートの所持人を・・・”・・・は、最初は低いAで、次からはオクターブあがったAで叫んでるから、それにハモリを入れたいので、C#で叫んでみてください

・・・え、

語りにも音階があったのか(。。)!

そんなことを意識したことはなかった・・・・音なら何でも 音階が あったのか!!

わたしも 音階を帯びていたのか!!

そして 語りだって ハモることが 出来るなんて・・・

・・・・この、語りにも音階がある、という発見は、わたしにとっては、ヘレンケラーの水のように、自分のなかの何かを開いてくれる、そんな発見で・・・

なにか 大事な感覚を つかんだような 感動に満たされています。

CD、こんなふうに制作していますので 完成しましたら ぜひ聴いてやってくださいね。

ではおやすみなさひ。