駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

人間の制御を超えてしまった

鉄道はときどき人間の制御を超えてしまう

さいきん 近隣で 

衝突 脱線 など 想像も出来ない事故のニュースを聞くので

ますます そう思う・・・

<NHKサイトより>

・・・川崎市消防局などによりますと、23日午前1時10分ごろ、川崎市のJR川崎駅の構内で、回送列車と資材搬送用の列車が接触する事故があり、回送列車の1両目と2両目が線路から脱線し横倒しの状態になっています。この事故で回送列車の運転士と車掌の2人がけがをしているということですが、2人とも意識はあるということです。現場はJR川崎駅構内の京浜東北線下り線の線路です・・・

それは人間がつくりあげた知恵の結晶だった

ひとを効率的に遠くへ運ぶ 素晴らしい箱だった

銀色の車体に青いラインの入った京浜東北線

大きくて重たいそれは

ほんの少し何かにぶつかれば 大きなちからで衝突してしまう

そして大地に衝撃を与えて倒れてしまう

大きな箱がにんげんを裏切り駆け出すように見えたとき

いいえ それは裏切りではない

それもきっとひとつの自然

風が吹いて 砂が踊る

雨は訪れ 金属は錆びる

それもきっとひとつの自然

横転した運転士のまなざしにみえた線路は

どんな どんな未来だったのだろうか

夜中の川崎駅脱線事故にはびっくりしました。

東横線の雪衝突といい 近隣でびっくりするような事故が起きますね・・・・。

やっぱり 電車に安心してはならない

乗客だって安心してはならない

時には衝突するものだと

そういうものだと 思わなくてはいけませんね。

今日は 大森に 巽宇宙さんの修斗の試合の応援に行きます。

巽さんは 高校・予備校・教養・学部、と、4場所連続で同級生でした。

こんな相手は他にいないなあ・・・それで、よくある話ですが 在学中はあまり話をすることもありませんでした。

でも会社員をしながら格闘技の試合で頑張ってると風のたよりに聞いて はげまされておりました。

人生初の格闘技観戦、わたしはきっと夜、家で真似してふすまを破くことでしょう!

電車がときに人間の制御を超えて事故をおこすみたいに

人間も計算どおりには動かない

はみ出たり

こぼれたり

衝突したり

まさに一種の自然であることを 実感することでしょう。