駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

QKQの制服をゲット

みんなのアイドル・京急線の駅員さん。

背中のあたりの雰囲気が京急しておりますね。

空に一番ちかい路線です わたくしは

海に一番ちかい路線です わたくしは

そしてコミケとは関係のない路線です・・・

ウェルカムトゥケイキュウ!

いつも風になびく薄い身体をした京急の駅員さん。

重くない、軽やかな、京急の駅員さん。

笑顔を惜しまない、おしゃべりで優しい、京急の駅員さん。

さながら、「となりのカッコイイお兄さん」

・・・だけど いざとなったら空も飛べる・・・という 京急の駅員さん。

わたしは あまり乗車しなかったせいか 京急にハマることはなかったように思います・・・

見れば カッコイイなあと 思うのですが

そう 見れば カッコイイと 思う・・・

あああ

かっこいじゃないか

ああああああ・・・

というわけで・・・

先日、さる筋から京急の旧制服のジャケットを ゲット★してしまいました。

上の写真の紺でなく、青いやつです。

実際に手にしてみると、想像よりも、ずっと、ずっと、青みが強くて、青!!青!!あおーんあおーん・・・青なんです。

京急の駅員さんときたら・・・

こんなに青い空と海をたくましい素肌に背負っていたのだ・・・

潮の香りに包まれて いつもサーフィン気分でハンドルを握っていた運転士

京急線路の上空の風に色があるとしたらきっとこんな青だろう・・

頬まで青く染まった人形のような車掌が扉をいま閉める・・・

よくよく調べてみても

翼は収納されていなかった

空を飛べるという ジャケットなのだ

きっと・・・

ちょっと今写真がないのですが、そのうちアップしますね・・・。

大雪のなか、来年度の予定が次々に決まりつつあります。

新しいことはあまりありませんが、春のバイトが継続というのは、収入的には有難いですね・・・。

有難い事なのですが、4月からいろいろな用件が増えて・・・・ライブこなせるのかなあと心配です(・_・)

そういえば忘れそうですがいま等々力のAthorHarmonicsさんでレコーディングしてもらっており、CDタイトルとジャケット案を考えてくるというのが宿題でした・・・が・・・

・・・あんまり浮かばないな・・・

・・・数字が入ると楽しいなあと思ったりしていますが・・・。

・・・それとも微積分記号とか???・・・・

何かアイデアあったらお寄せ下さい。

他力本願な夜です。

収録予定作品(順不同)

北京地下鉄王府井/むすこ削り/マザリング・エクスプロージョン/矢口渡/VESPA!/針金でできたお母さん/Fra-Fra, Euro-Euro,TGV!/ヒースロー、朝10時/運転士が燃えている/深海車掌/シャープペンシルの芯/クシコスしごと/それはどこまでも深い大江戸線M(全13曲)