駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

おお雪

2度の大雪は 大災害になってしまいましたね・・・。 わたし自身 南国育ちなもので 雪への憧れがあり 雪の怖さを判っていなかったなあと反省しました。 雪死者、という、何やら新鮮で厳しい響きの言葉・・・。 おととしの春に「爆弾低気圧」という言葉がはやったが この冬の流行りは「南岸低気圧」 また 来るのかい 消えないもののずっしりとした重さ 消えないことのどっしりとした厳しさ 鉄路を止める雪のかたまり 道路を止める氷のかたまり 人の流れが滞ってしまうことのもたらす災い しかも雪は降り続ける おいおいまだまだ降るのかい おいおいまだまだ降るのかい マッチを擦れば夏の日が見える 熱中症に気を付けて!の文字が見える ああ どっちもどっちで 要するに 異常気象なのかしら お耳をつけてみた。 製作には、浸水しない手袋が必要かなと思ったりしました。 うん、異常気象・・・というか、自然はそもそも怖いものだ・・・ 春には花粉症が襲い掛かり 夏には梅雨に高湿度に蒸し風呂、熱中症・・・ それから台風に洪水に土砂崩れ、 忘れちゃいけない震災もそろそろ来そうな予感で・・・ いろいろ危うい大地の上に細い橋をかけ鉄道は走っているのだ 日本列島はけわしい列島 安全を守るのは安全について考え続けるその絶え間ない考えの継続しかない わたしたちはまるで回転するレコードの上を頼りなく進むテントウムシのよう このまま進み続けるのか いつか破たんが来るのか 最善を尽くし 祈りながら やっとのことで一日を終えて 眠りにつくのは駅員と私 ゆきやこんこん、いつやむのかなあと空を見上げたこの冬。 わたしは安全に対して やっぱり甘いところがあるなあと・・・ 少し反省した次第です。 ★ 「わたしは家じゅうのブラジャーを否定することにした・・・」というむねの記事を、第2ブログ「松岡宮の日々の壺」に書きました。 良かったらみてやってくださいね。 ★ 今後の出演です。3月2日蒲田が加わりました。 3月9日は本業のほうで京都・立命館大学のシンポジウムに出ます。 最近、本業と「松岡宮」が接近しており、時代の流れなのかなと思ったりしています。 いろいろな仕事をしている松岡さんというわたしは同じわたしのようですがやっぱり違うわたしかもしれません・・・・それが人間なのかも・・・。 足をはこんでくださるとうれしいです。 ◆3月2日(日)蒲田Studio80 ひな祭りスペシャル!女性アーティストのみのイベントです。 豪華シークレットゲストでくつしたさん、さのともみさんも、ご出演予定です(ちっともシークレットじゃないな・・・)。 詳細はまたのちほど・・・。
◆3月18日(火曜日)APIA40(学芸大学徒歩10分くらい) 開場18:30 / 開演19:20 前・当共¥1500+drink 『あの日、僕は透き通った葉脈の中で毒になった』 出演:プレジー3吉(vo,g)、 松岡宮(poem)、 高橋小一(vo,g)、野良犬太郎(vo,g) ※スカートでやると書きましたが、やっぱり鉄道系になりそうです^^。
◆4月1日(火曜日)神楽坂EXPLOSION 見た目に派手なことをしたい!と計画中です・・・・。 【物販系】 4月27日(日)CD販売イベントm3 5月5日(月祝)文学フリマ