駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

駅員の本業は雪かきか

ここは どこの 雪国でしょうか。

いえいえ 東京の 川沿いです・・・。

というわけで これを書いている今も まだ降り続いている雪・・・。

こんな日は 駅員さんは 大変そうです。

わたしは といえば 事務所はさすがにお休みという感じでした。

せっかくなのでメンテナンスをしようと思いました。

事務所にある2台のプリンタの調子がいまいちで・・・

はっきりいって詰め替えリサイクルインクジェットのせいだなと思って、実際その通りだったのですが・・・

インクジェットの正規品が欲しいと思って・・・

川崎まで行ってみました。

ところが・・・

JR蒲田でいきなり ポイント故障発生とのこと!

おおお、吹雪のプラットホーム。

電車はちっとも来なくなり・・・

風はますます強くなり・・・

目の前をたくさんの雪と駅員さんが駆け抜けてゆきました。

・・・当駅で・・・雪のため・・・ポイント故障発生しております・・・

働く駅員に「寒い」の文字はない

働く駅員は粉雪に包まれながらウェーデルン

・・・雪による線路のポイント故障

・・・駅員はそれを暖めなくてはいけないと思ったのでしょうか・・・

・・・ヤ カ ン !?

目の前をヤカンを持った駅員が駆け抜けてゆきました

工藤夕貴を思い出した←古い)

もう1名ヤカンを持った駅員が駆け抜けてゆきました

それに引き続いて なんと

電気ポットを持った駅員さんが駆け抜けてゆきました・・・

いや これ ほんとの話です

たしかに見たのです

コードは無かったのですが

大きめの電気ポットを持った駅員が

故障個所に向かって駆け抜けていったのです

・・・暖めなくてはいけない

・・・この雪を解かさなくてはいけない

(俺のラーメンはどうでもいいから・・・)

駅員は線路を暖めようと必死だったのです

・・・なんて恐ろしいのだろう

・・・雪とは消えないヤツ、ネット上のデータみたいに消えないヤツ、なんて恐ろしいのかしら・・・

ヤカンのお湯とポットのお湯と

たりなくなったら駅員の体液もささげながら

氷点下になる寒い東京の地にそのすべてをささげる駅員

あなたの祈りのような体温が

ふわり浮かぶ雪のほんの2粒ほどを

溶かしてゆくのです

お疲れさまです

駅員の本業は雪かき か

首都圏の雪にしては細かい雪が

つぎつぎに降り積もるの

それと駅員は闘っていた

雪の武器は消えないことだった

そこに有る という存在感ひとつで駅員を困らせるのが雪だった

白いお前を憎むこともある

雪の様に白い顔をしていつも冷静な駅員が

京急電車が乗り移ったみたいに

ほのかに頬を赤らめて

宣戦布告を行う

雪へ

雪も 寒さも・・・やはりつらいものがありますね。

自動改札も 守られています・・・。

電車が次々に不通になっていったので、帰りはバスで帰りました・・快適でした!

踏切を見かけると、駅員さんが総出で雪かきをしていました。

もしかしたらこの夜もそんな駅員さんでいっぱいかもしれません。

乗客が寝静まったあとに、雪かきを続ける駅員さん・・・

あなたの夢を雪かきするのさ・・・

お疲れ様です。

そんなわけで純正インクも買え、それを用いたらインクジェットプリンタは使えるようになりました。

詰め替えインクは、あまり良くないのでしょうか・・・。