駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

空腹だった小田急車掌

小田急の扉が閉められたあと

数秒の間をおいて

急行電車はゆるやかに滑り出してゆく

空腹な車掌が側面の軌跡をなぞる

・・・煮て食おうとも車掌の自由

・・・焼いて食おうとも車掌の自由

小柄な車掌の1オクターブの小さな手が

10両編成の列車を包み込み

車掌のコートの胸にいつしか列車は包み込まれてしまった

夢見る銀色弁当箱に詰め込まれた

いとおしい乗客たちよ

わたくしがあなたがたを守るのだ

守るのだ・・・・

空腹だったのでお腹が鳴った車掌が食べつくすものは2両目から9両目あたりです、バリバリバリ・・・

・・・いいでしょう、小田急は、小田急は、清潔そのもの、規律を乱す乗客などいない、窓から飛び出す乗客などいない、良い香りの漂う、品の良い、小田急なんです、小田急なんです・・・

わたしが小田急に乗る時

なにかとても不自由な型のなかに自分を入れ込んでいる気がする

少しでも気を許したら 

抑止!

お前を喰らうぞ 

車掌の冷ややかな だけど綺麗な目

煮て食おうとも車掌の自由

焼いて食おうとも車掌の自由

世の中にはそんな権力が・・・

見えないのだけど確かにそんな権力を持っている職があるのね

小柄な車掌が隠した牙、網、そして、拡大する内腔、

吸い込んだなら止まらない

そう、わたくしに逆らう乗客は許さない、

喰ってやる

喰ってやる

紳士な車掌の空腹が今日も鉄道を走らせるよ

喰われちゃう

喰われちゃう

窓から出ようとした乗客から

まっさきに

GIMPでいろいろ加工してみたシリーズです。

小田急はやっぱりブルーが似合う素敵な鉄道ですね。

土日はたいがいそうですが、お仕事の集まりがあったり、資料作成があったりしました。

障がい者家族会のつどいがあったりしました(わたしはオブザーバー)。

それにプラスして、今日は2月2日ライブの音作りしていました。

2日は、冬っぽい、どこか雰囲気のあるライブになりそうです。

松岡の出番は2番目、19時過ぎです。

お気軽にお越しくださいませ~。