駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

アドマチック京急蒲田!

今日の「アド街」、近所の京急蒲田でした。 「ナンバー1は、京急蒲田駅京急線しかないだろう!」 なんて、わくわくしながら観ていたのに・・・ 案外それは早くに出てしまい 結局 1位は  羽 根 つ き 餃 子 でした。 ・・・たしかに 大田区の名物にしようと頑張っている東京大田汐焼きそば」よりは 本当に人気と知名度のある 羽つき餃子。 しかしわたしのこころはおもう・・・ ほんとうに羽つきなのは・・・きみだ・・ 京急の鉄道員だ・・・ 飛行機に航路があるように 京急線には京急線の路線がある ・・・ここは 空に続く航路の一部です・・・ というのが 京急蒲田の駅員のささやかな矜持 飛べるんです 飛べるんです 京急蒲田の駅員とは 飛べるんです・・・ 国内線だって 国際線だって・・・ 駅のホームで呟く駅員の肩甲骨から 見えない翼が もくもく もくもく そしてかかとが 少しだけ浮く だけど駅員は生まれも育ちも大田区で けっしてこのホームを 出られないのだった

見慣れない顔だち 遠くの国から来たひとびとが大きな荷物を持ってゆき過ぎるのを 見つめる駅員の瞳 夕映えに透き通る Welcome to Kamata Soyez le bienvenu! Kamata! 空のスクリーンに知ってる限りの言葉を映し出して ようこそ蒲田へ! 高架線に桃色のひつじ雲 微笑む・・・ 白い羽を生やした駅員のつぶやきは世界の空を旅します ・・・欢迎来 蒲田!  ・・・Gute  Reise Kamata. 日時計の針みたいだよね駅員って 世界の真ん中に立ってそこから動くことはないのに そこから動かないことで かえって この世界の真実を知りぬくのだから だけどもうすぐ日時計の影が 見えなくなるよ 小鳥が巣へと戻るその前に 駅員が伝えたい言葉があるそうだ お客さまへ お客さまへ ・・・Mi chiamo Kamata. ・・・・반가워요 kamata!

羽つきなのは 餃子じゃない 羽つきなのは 京急蒲田の駅員 あなただったのです そして今日もパスポートを握りしめて旅人が行き交う駅で 京急蒲田の駅員はスックと立つ 動けないまま 空を見上げて ・・・ここは 空に続く航路の一部です・・・ というのが 京急蒲田の駅員のささやかな矜持 飛べるんです 飛べるんです 京急蒲田の駅員とは 飛べるんです 大田区を出たことのないわたくしがいうのです 京急蒲田の駅員とは 飛べるんです いつか いつも いえ どこへも ♪