駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

くるま 道路

このブログをお読みの方は わかると思いますが わたしは運転免許を持っていません。

よって クルマにはあまり縁のない生活をしています・・・。

が、

自転車も道路交通法にのっとった乗り物であるということで・・・

自転車ライフになってからは

道路や車と 共存だなあと思うことが多いです。

自転車に乗ると 必ずおまわりさんに逢うのですが・・・

今日は特に やたらとおまわりさんが いました。

バス停ひとつおきに 一人くらい・・・

ちょっと ドキっとしてしまいます。

よく見ると マフラーをしておられますね。

警察官だって 寒いのかしら・・・・

そうね 寒いのね・・・

鳥肌の警察官

こごえる警察官・・・

別の

コートを着ていた警察官をみて・・・

コートの左腰のあたりが 開いてるんだなということを 知りました。

男性のズボンの股間が開いているのはしっていますが

左の腰も 開いてるというのは・・・

拳銃を取り出す穴でしょうか?

風が吹くとコートに黒い穴があき・・・

警察官の腰の穴 くろぐろ・・・

不思議な洞窟だなと感じました・・・

そして なぜ そんなに警察官がたくさんいたのか

いまだに 分かりません・・・

教習車と書いてあります

若い運転手を ベテランが厳しくシゴいています・・・。

お前には風の声が聞こえるか?

・・・はい・・・なんとなく・・・

  嘘 つ け !

・・・はい 嘘つきました・・・

若い運転手にはまだ見えていない風のとおりみち

ベテラン運転手には味わうことのできる 風のみち

厳しく 厳しく 教えて

はやく見えるようにしないと いけない・・・

この写真だけでどこのバスか判る人もいるのでしょうね!

そして・・・レインボーブリッジ+満月!

いい写真 撮れた!

なぜ車に乗らぬわたしがこんな写真を撮れたかというと

レコーディングでお世話になっている森社長の移動におつきあいしたのでした。

よくわかりませんが ここ首都高 ですよね・・・

東京のビルをたばねる車の音

ちょっくら高い東京の風景は

ひかり、光に、満ちあふれ

運転者はみな東京の窓の明かりすべてをたばね手に入れたような万能感に満たされる

いま東京は俺のもの・・・

ああ ここは おとこの道だ

首都高を おとこ道と 呼ぼう・・・

というわけでクルマに縁のある今日このごろでした。

駅員ブログなのにいけませんね・・・。