駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

こびりつくのは孤独です

(写真と本文は関係ありません)

クリスマスムードに浮かれる東急線の車内

銀色の扉に吐瀉物のかけらがこびりついていた

その電車は座席がすべて埋まる程度の混雑だったが

よく見ると 座席に座っているのは

綺麗なコートをまとった 髑髏の群れだった

こびりつくのは孤独です

孤独はとってもおしゃべりだから

ここにいるよと

ここにいるよと

すっぱいにおいを放ってみるのです

駅員の制服は吐瀉物まみれ

そんな駅員が寒空にひとりすっくと立っているよ

孤独色の絵の具を氷点下の空気で溶かしているみたいにカンテラを振るよ

メリークリスマス

(写真と本文は関係ありません)

「人体において 内臓とは外側にあるものだ」と授業で教わった

だから

吐瀉物とは 胃の中身とは 人の外側にあるものなのだ・・・

一皮ぺろりとむけば

都民は髑髏のイルミネーション

髑髏のディナー

髑髏のデート

髑髏のショッピング

そんなふうにゴロゴロした乗客たちを

車掌が見守っている

そんな車掌のコートは厚いが吐瀉物まみれ

誰かにさしあげたかった内緒のジュエリーが

一瞬の魔法で吐瀉物に変わる

さびしいです

さびしいのです

ぼくはほんとうに さびしいのです

そんなふうに 叫びだす

こびりつくのは孤独です

・・・乗客を運ぶのがわたくしの仕事ですからねえ

吐瀉物を浴びても大丈夫なように

車掌のコートは結界を作り上げる

時に噴出する孤独の矢を

おっと!車掌は見事に避けながら

メリークリスマス

(写真と本文は関係ありません・・・すべてJR西日本です)

クリスマスの夜の電車は

吐瀉物に満ちている

ただの乗客のわたしも あやうく 伝染してしまうところか

それとも もう感染してしまっているのか

期待する髑髏

メールする髑髏

おねだりする髑髏

髑髏でいっぱいの東急線のなかで

自分の靴のかかとが 少し浮き上がっているような 気がした

靴に触れそうな 吐瀉物のかけら

・・・お客さん 吐瀉物ちょっと残しておきましたからねェ・・・

・・・お客さん 吐瀉物の声など聞いてやってくださいねェ・・・

ちょっとでも油断をすると

吐瀉物から手がたくさん伸びてきて

ここにいるよと

ここにいるよと

わたしまで 引きずり込まれそうになるのです

イルミネーションの向こうには陰りがある

笑顔の向こうには髑髏がある

こんな夜にありがとう

吐瀉物よ さみしさを教えてくれてありがとう

そっちに行くよ いま!

メリークリスマス