駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

富士見丘教会ライブ有難うございました

というわけで・・・・

下北沢 富士見丘教会でのイベント参加 無事に終わりました。

さきに わたしがやった作品を書きますと・・・

1.12歳

2.れんげの原で にお君と

3.針金でできたお母さん

4.ここは兄の森

5.むすこ削り

どちらかといえば曲調が優しいものにしました。

曲間はくだらないMCをはさみました。←二岡の話とか・・・。

緊張しているような、していないような、不思議な気分でしたが・・・

まあ どっちかといえば ほんわかと緩い雰囲気のライブになったのではないかと思います。

今回、はじめてVJを体験しました。

といっても自分がやってる間は観られないですが・・・

VJに使うので写真くださいと言われて、小さい頃の写真とか自分の脳みそ写真とか松岡の恥ずかしい写真を100枚くらい送りましたが、どれが使われたのかな・・・

VJかっこよかったです!

わたしは、昼間で仕事があったので、オープン直前に到着したのですが

わたしのオケCDを、オペレートするVJさんにわたしたら、サウンドチェックのためか?わたしのオケCDをプレイしはじめました・・・。

そして開演。

どんどんお客さんが来ます。

そんなときに、ずっと流れているBGMが わたしのオケ・・・

プロの音楽家が集う音楽のイベントの 入場時の会場BGMが わたしの 「12歳」とか「にお君」の オケ・・・

・・・こ こ 光栄だけど い いいのかな

・・・・しかも3回くらい リピートしてた・・・・。

こ れ が い ち ば ん 記 念 に 残 っ た 出 来 事 で す。

そのほかは・・・・

トランペットの秋山さんの音は ふわっと空気に乗ってるみたいな素敵な優しい音で

篠笛の佐藤さんの音は 空間を斬るような目立つ音で・・・

ハープも 弦も パーカッションも ギターも ピアノも みんな素敵で・・・

あっ ネパールダンスも 緊張感があって かっこよかった・・・

率直にいって プロの集団すぎて わたしが居てもいいんかなあ・・・と思って 居たたまれない気持ちでした・・・。

写真を撮るという発想もあまりわかなくて(本番写真は上の1枚くらいです) しじゅう モジモジ モジモジ してました。

(トランペットの秋山璃帆さんと篠笛の佐藤和哉さんは、ゆず「雨のち晴レルヤ」の演奏で紅白にも出演されるそうです。)

でも 今回も ブログをお読みのお客さま 久しぶりのお客さまなど 暖かいお客さまに支えられ 感謝の気持ちでいっぱいです。

ご来場ありがとうございました(;;)

スタッフさんも初対面でしたが 親切で気さくで わたしの私生活を良く知っていました・・・。

なんでだろう。

終了後の打ち上げでは 森社長に 箸の持ち方が悪いとか言われながら いろいろ話しかけてもらえたので 嫌われてなかったのかなと・・・ ほっとしました・・・。

このライブの体験は まだうまく言葉にできませんが

きっと 自分のなかで 特別な意味を持つのではないかと思います。

相変わらず皆様に支えられていることを実感しました。

本当にありがとうございます。

明日も笑顔で生き延びましょう。