駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

西には西の素敵な駅員がいて

そんなわけで 今朝 米子鬼太郎空港から戻ってきました。 ・・・砂かけ婆ってなんとなくわたしに似てませんか? 朝 羽田に戻ったのに その足でまた イタリア映画「むかしmattoの町があった」@蒲田の上映会スタッフの仕事もあり・・・ 疲労でヨロヨロしていたわたしは ほとんど戦力になってなかったかと思うのですが 藤木ごろさんや 蒲田オッタンタの音楽仲間も来てくれて とても嬉しかったです 有難うございます。 福祉は もう 福祉の場所だけにとどめておく時代でもないと思うので・・・ 専門職でない方の参加は ほんとうにうれしいです。 ◆ さて、思い出すのは やはり サンライズでの体験です。 東京―松江。 米子から飛行機だと1時間ちょっと。早割、12000円。 寝台車は10時間ちょっと。B寝台ソロ、2万円。 なぜ  2倍の値段を出して  10倍の時間をかけて  わざわざ 乗り物酔いしに ゆくのか・・・?! だけど 車掌がくれた 忘れられない一夜・・・。 後方から追いかけてくる赤い夜明け 夜明けから逃げるようなサンライズ だけどすぐに夜明けにつかまってしまうサンライズ もう少し 車掌と一緒に夜の世界にいたかった のに 不思議です あのB寝台ソロで 車掌と一緒に寝たような感触が 残っているのです JR西の制服は柔らかい布地でふれると崩れそうだったという 感触 優しい車掌が抱き枕のようにいるのだけど わたしが車掌を抱くのじゃなくて 車掌がわたしを抱くのです ・・・ふふふ 狭いわ 狭いわ 車掌さん・・ ・・・お客さん・・・お客さん・・・寝て・・・寝て・・・くださいね・・・ ・・・写真なんていじくってたら 乗り物酔いしますよ・・・ 車掌の胸のネクタイをまさぐって遊んだけど 車掌のネクタイが崩れることはなく 車掌は黒い夜の制服をまとって消えたり現われたり まだ行かないで 車掌いかないで 夜明けが夜明けが追いかけてくる 車掌をまだ 消さないで 夜明けよ 少しだけ 待って わたしが車掌の夜をこの手に抱きつくすまで 待って・・・ しかし 乗り物酔いしてしまったのが ちょっと不覚でしたね。 写真撮ったり メールやブログ書いたりしたのが いけなかったのです、はい・・・。 閉所パニックみたいなのは 全然なかったのですが わくわくした気持ちでいっぱいで キモチワルいなんてあまり感じなくて 酔ってることに気づかなかった・・・。 松江では なじみの先生方とスキヤキ食べて ランチョンセミナーとかで豪華な弁当食べて・・・ 美味しいものばかりのはずなのに ふだん粗食なせいか 胃腸がいまいち不調になってしまい これを書いているいまも あんなに好きだったコーヒーが ちっとも美味しくないです・・・(;;) 何はともあれ、JR西日本の制服は 静かな美に満ちておりました。 この背中の「帯」が 独特の締まった感じを出していて いいですよね・・・。 JR西をしっかり見つめたあと JR東をみたら JR東の駅員の制服には 「厚み」があるなあと思いました。 肩のあたりに何か ひみつが ありそうです。 参考に、以下はJR東です・・・。 西には西の素敵な駅員がいて 東には東の素敵な駅員がいて 右も左も 東も西も ・・・駅員って いいよね! 車掌さんも  運転士さんも  いいよね! 自分の体調がいまいちだと かえって鉄道員さんの存在が暖かく感じられることがあります。 不安な世界に滑り込む鉄道員の身体のぬくもりがわたしを支えてくれるのです。 わたしの旅の世界にともしびをくれたすべての鉄道員さんにお礼を申し上げます。 ありがとう、いい旅を。 ★ 教会ライブ@下北沢・池ノ上。今週土曜日です。 主宰の森社長もAuMusa eiでプレイされますよ、奥様。 ほかのアーティストさんも本当に素敵なので、ぜひ出たり入ったりしながら長時間お楽しみいただけるといいなと思います^^。 ★12月7日富士見丘教会@下北沢 予約もできるサイトはこちら→http://fuchisou.com/1207/ ◆PRAY to Blue Age vol.2 2013/12/07Sat [OPEN] 17:00[START] 17:30     [TICKET] 2000yen [ACT]  17:30- AuMusa ei 18:10- 秋山璃帆 奥田梨恵子 18:50- 松岡宮 19:30- albelo 20:10- 佐藤和哉 ※ ShiftArtist Leylil ※会場入退場自由。