駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

文学フリマ参加記(未来の自分への注意書き・・・)

連日イベントが続きます・・・。

今日は 東京流通センターでの「文学フリマ」にブースを出してきました。

今年は 新作冊子「駅員観察日記3」と 販促用の「痛い駅員紙袋」を用意して 意気揚々と乗り込みました。

★なんとなく、自転車で行けそうな気がして 行ってみました・・・。

平和島までは良かったのですが そこから先がかなり大変でした・・・流通センターは見えているのに遠いなあ・・・って、海岸通りの端っこまで行ってしまったり・・・どうやら環七を降りるのが前過ぎたのかもしれません。

でも、会場からほど近いところに駐輪場もあったので、土地勘が出来てくれば、自転車で行くのは悪くないかもしれません

 ただひとつ、注意したいことは・・・

 あ ま り 売 れ な い わ た し だ か ら 重 さ 的 に 可 能 だ っ た の だ

ということです。

★となりの方が最初はおらず、両隣は、codomopaperさんと、未来世界仕様書/丘乃恵さん。

いずれの方も良い方で、codomopaperさんは切り絵の漫画が主体でしたが、布製のキーホルダーみたいなものが印象に残りました。

文学、というと、冊子という感じになってしまうのですが、いろんなグッズがあっていいと思うのです。わたしもアイデアと技術を磨いて、なんか布製品を編み出したいなあ・・・なんて刺激を受けました。

遅れてとなりの、「ぶりお」さんという絵描きさんがいらっしゃいました。

絵描きさんの作る冊子などは、ぱっとみて魅力を感じさせるもので、そういうデザイン性はわたしにないので、すごいな~と思いました。

柳屋さんのおかげでお知り合いになれてよかったです。

★その、柳屋文芸堂さん http://yanabunn2.seesaa.net/ 

お目にかかれてうれしかったです。

実は柳屋さんの冊子をかなり参考にして、今回A5の冊子を作ることに決めたのでした。

あとは、アイコンが可愛い「ひやとい」さんとか、むかし青い部屋でお目にかかったプロの物書きの方、現職の駅員さん(←ちなみに女性)、恥ずかしそうな女性の方、などなど、いろいろな方々に声をかけていただき、うれしかったです。

★冊子は、それほど売れたというわけでもありませんが、まあまあ、かな・・・。

でもCDはぜんぜんさっぱりでした。今後の課題ですね・・・。

フリペはちょうど全部ハケました。

なので、けっして低調とは思わなかったです・・・

ただ情けないことに、15時をまわったあたりから眠くなってしまい、どうも体に力が入らない感じでした・・・。やっぱり疲れが残っていたようです・・・。

★自分の反省点は以下です。

自転車なのであまりたくさん持ってこないこと。時間に余裕をもつこと。前の晩にちゃんと寝ること。

飲食OKなのだから飲食物をちゃんと持ってくること。こういうイベントでは、途中で買う余裕はないのだ・・・。

ちなみに「チーズかまぼこ」が手も汚れずいい感じだった・・・。

机に敷く布は、無地にしましょう!

「痛い紙袋」は評判が良かったし、「シール本もいいね」なんて話題も出ました・・・なので、販促グッズとか、そもそも何を売るのか、とか、ちゃんと用意したほうがいいですね。

疲れのなかハイテンションで、皆様に失礼をしているのではないかと不安ですが・・・

やっぱり、ブース出して、よかったです。

皆様ありがとうございました。

そして自転車での帰りみち、大森の喫茶店「ルアン」に立ち寄り、ホットドッグをもぐもぐ・・・。生き返りました。

知人が、大森でも老舗の良い喫茶店と言っており、一度行きたかったのです★

素敵ですね~。

ホットドッグも美味しくて食べ過ぎちゃいました。

そして、キャンセル待ちしていた寝台車のチケットが取れた!との朗報を受けて

みどりの窓口」へ行きました。

黒く光る駅員さんが、綺麗な指で、差し出すチケット・・・

ビロードのような、案内の、声・・・・

B寝台ソロ、乗車券、特急券、寝台料金、あわせて2万円ちょっと・・・

・・・飛行機の早割の方が安いとか言わないでくださいね(~~)

ごろりと寝れる、夢のチケットなのですから・・・。

ああ、夢のよう。

そんなこんなであわただしい連休が終わりました。

ちょっと疲れましたので早く寝ようかなと思います。

おやすみなさひ。