駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

秋の詩朗読会 出演してきました

昭島「無頼庵」にて、詩の朗読会に出演させていただきました。

ここが会場です。

郊外の、大きな家、という感じ。

わたしも写真を撮り、奥主さんもこちらの写真を撮っていますが、

犬に怪しまれてるのは奥主さんのほうですね!(勝った・・・)

思ったよりも、家!という感じで、あっという間に我が物顔でくつろぐわたし・・・。

店長のマスダさんには細やかな気遣いをしていただきました。

初対面の、詩人の為平澪さんが、観客?でいらしてくださっていたのですが

たいへん気配りをされる方でした。

で、為平さんも詩を読もうということで、ご自分のブログに詩があるのだけど、タブレット忘れてしまった・・・

とおっしゃるので、わたしはすかさず 

  ・・・IS01ありまっせ・・・

と言って、むりやりお貸ししました。

IS01は死なず!

奥主さん、白糸さん、といえば、10年ちょっと前のT-Theaterで、本当にお世話になったものでした。

白糸さんが、T-theater時代の作品を朗読してくれて、一生懸命だった日々を懐かしく思い出しました。

残念ながら亡くなられてしまった仲間もおりますが、元気に活躍している仲間も多いし

なにより 「いったきり温泉」メンバーはその後3人が結婚し、いずれもご夫婦なかよくやっている!!

というのが ほんとうに素晴らしいことだなと思います(←わたしは入ってませんよ・・・)

ひまわりと白糸さん。(と、線路・・・・)

ラビットファイターさんは梅島で時々お会いする方ですが、言われてみると奥主さんにちょっとにた、ゆるりとした節回しで恥ずかしそうに言葉を発する方で、朗読は不思議な世界でした。

川島むーさんは、演劇系の方のようで、リズムがよく笑える作品が多かったです。

関西系なのでしょうか、ハキハキ、はればれとした朗読で、あまり関西になじみのないわたしも笑ってしまいました。

こんな闖入者もありました・・・。

あっ

わたしは・・・

むすこ削り⇒高校いっかにぶんのいち年生

 MC(桐蔭学園は大変な学校だという話)

佐々木丸美を読みながら⇒三拍子の雨

をやりました。

佐々木丸美を読みながら」はCD「車掌もひとりぼっち」に収録されてますよ~。

全体的に、たいへん和やかな雰囲気で過ごした朗読会でした。

場所というのは、いろんな可能性に対してひらかれているんだなあ・・・などと、詩を超えて地域活動というものに対しても考えをはせたイベントでした。

奥主さま 皆様 どうもありがとうございました^^。

あけて今日は文学フリマ@流通センター。

がんばろう~。