駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

なにごともナッシングな日々

アルバイトなどしていました。

何事もない日々です。

でも臨床をしていると、独特の鋭敏さがうまれる気がします。

つねに気を抜けません。

この感覚、ありがたいものです。

ふと、臨床で出会う当事者は男性が多いと感じました。

もしかしたら少し障がいを持っている場合の居場所が、男性の方が少ない・・・・というか「医療福祉の受け手」以外の居場所が少ないのかもしれません。

わたしが男性であったら、たぶん福祉的サービスを受ける側だったのではないか、とも思います。

ロリコンを直せ

・・・とか言われていたりして。

わたしはおんなであることで、本当に申し訳ないくらい、とくをしています。

身体を動かすことは、びみょうに続けています。

きょうも、わざわざ遠くの駅から、歩いてみました。

家でもなるべくビリーを踊ったり、身体を動かすようにしたら、肩こりなどがなくなりました。

そして、ふっと、思いました。

身長を伸ばしたい!

運動していると、身長が伸びるのではないかしら?がんばろう。

今年も約束通り訪れる春に

ありがとうの

手紙を

書きました

てくてく

てくてく

たくさん

歩きます