駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

夕暮れ世田谷ひとり旅

どうして小田急小田急なのかしら

車掌の黒靴のつま先をみつめながら

やっぱり小田急小田急なのね

車掌がくるりと回転すると

ジャケットの裾が浮力を受けて

恥ずかしそうです

恥ずかしそうです

 誰もが 見える場所に 隠したものは

 誰も 見つけられないと 人が言う

 夕暮れ 世田谷 ひとり旅

 黒すぎる制服に頼りない身体をかくした小田急の車掌が

 夕映えをバックに

 光を放っていた

 あなたの美しさを見出すのは わたしばかりではない

 あなたの美しさを 知っているのは

 多摩川の照り返しと

 ロマンスカー

 砂埃と

 それから車掌 あなた自身

 なんてわたくしは 美しい

 そう呟いて きびすを返す

 そんな気持ちがなければ きっと あんなふうに 光り輝くことなど

 できるまい・・・

   どうして小田急小田急なのかしら

   それは

   わたくしは小田急だから小田急となるのです

   ジャケットのすそ広がって

   彼の身体が少し 浮く

   湖に姿を映して

   水仙の黒色を 見出している

   わたくしったら 美しすぎて・・・・

   あなたの名は 車掌さん  

今日は友人の結婚記念パーティーでした。

おめでたい会は、こちらの気持ちも幸せにしてくれますね^^

本当に気取らない、楽しい会でした・・・友達の友だちは、みんな、友だち。

誘ってくれてありがとう、どうぞ末永く、お幸せに・・・・。

その後、オダッキュオダッキュとつぶやきながら、なぜか謎の北上を行い、オダッキュの旅人となったのでした・・・。

実はこれまでサウンドフォントを使ったことがなく(VSTは使ってましたが)、昨日くらいからサウンドフォントをいじりはじめて、難しいな~と思ったのですが、やっと使えるようになりました・・・sfzにwavファイルを入れて・・・・でも、なんか違うような気がする(^^;)

パソコンいじくってると、時間があっという間ですね。