駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

宮崎あおいを無視する、かっこいい東京メトロの駅員

ああっ、激しいわ・・・激しくひずんでいる、この身体よ・・・・ なんだ、この、駅員は・・・ この、背中の、激しいカーヴ、駅員の、駅員たる、激しさを、その、身体のひねりの角度に、秘めて・・・・ 宮崎あおいを無視して安全確認に、精を出す、この、ギリギリ感ただよう、駅員の、 定規のようにまっすぐで硬い まなざしの強さと ゴムのようにしなやかで柔らかい からだの線と ・・・・ 駅員、すごいよ、駅員、ああ・・・・ 東京メトロの駅員ポスターは ときどき こんなふうに 凄くかっこいい!!という駅員を 紹介してくれる 東京メトロの考える カッコイイ駅員・・・それは 強く りりしく 激しく 厚みがあり 威厳ある・・・たとえば 宮崎あおいを無視して 安全確認をするような そんな 駅員なのだ・・・・ ・・・帰り道、副都心線が止まってしまい、ブルーになってしまったとき、非常に素敵なポスターをみつけ、癒されたわたしでした。 <<<追記>>> この駅員さんのポーズって、よく考えると、ドアが開いているときにはしないポーズのように思われます。この駅員の緊張感・・・・身もだえにも似た、動きのある、秒単位を思わせる動き・・・・・・・ドアが開いている状態で、こんなに激しく、板のような身体をネジって安全確認をするなんて・・・・この駅員のねじれた身体が周囲の空気にもたらす強い厳しさと、ドアがポカーンと開いている緊張感のなさ・・・・この2つの世界のずれが、わたしのなかで何か違和感をもたらした理由かもしれません。 このポスターにおいて、宮崎あおいと、駅員は、同じ世界にいないのかもしれません。ああ、そう考えると、いい・・・・。 駅員は駅員で、安全確認が必要な厳しい世界におり、宮崎あおいは開かれたドアから遠くをみている。二者関係というけれど、この二者にはそもそも関係がなく、お互いに違う世界を見ている・・お互いにお互いが見えていない状態。乗客は、しばしば駅員が見えなくなることがあります。やはり駅員は駅員ワールドに生きているのだわ・・そんな、素敵なポスターだと思いました。 ★ メルマガ発車しました・・・・ですが、今回は誤字を発見してしまったり(預かり所←預かり証)、なにより号数を間違えてしまいました・・・・41号じゃなくて42号ですよね・・・すみませんすみません・・・・年をとらないメルマガ・・・・ではないので、次号で修正しておきます。 今号の内容としては「中山忍の歌は素晴らしいね」など・・・・ほんと内容のない、脈絡のないメルマガですが、読んでみたい方はmiya_matsuokaアットマークauone.jpまでご連絡くださいませ。 ♪