駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

車掌の背中に憑依して海まで

ベルが鳴ったら もう 来ないで。

・・・ある始発駅で

ベルが鳴り出して これからドアが閉まります・・・という列車の車掌が

右手はドアに触れながら

左腕を 地面に対して水平に伸ばしている

ああ・・・・ホームを切り取る、ナイフのような、車掌の左腕。

端正な その すがたは

タテに半分切り取られた十字架ね

左手は 伸ばされ ときに 掌が 丸められ また 伸ばされる

そのしぐさは

 おいでおいで なのか

 来るな来るな なのか

 車掌のダンス・スクール・カケ・コ・ムナ。

ターミナル駅の 始発の車掌は 大変なのですね

拒絶と誘いを秘めたカフェラッテ

優しさと厳しさを抱いたミルフィー

ひたむきに踊る広い紺色の背中をみていた

じつは その車掌の背後 誰も居なかった 

けど

車掌あなたには 見えない乗客たちのかけこみが 見えるのだわ・・・・

車掌の左腕に憑依してわたしはその急行電車に乗り込みたい

バリアするその強い背中に憑依して

終着駅の海の街まで

ご一緒に

そんなわけで試験1日目終了・・・・・

・・・・いやあ、これまでの人生すべてを反省させられる結果となりました・・・・。難しいなあ・・・・・努力がたりなかったな・・・・。自分のすべてがダメすぎて反省ばかりです・・・・・明日もあるのでがんばりますとほほほ。

つかれた頭に車掌は切り込むように美しかった!!