駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

ひさしぶりに東京に出ました

(写真と本文は関係ありません) わたしは郊外の都民ですが、山手線の駅まで出ることを、「東京に行った」とか「東京まで出た」とか言いますね・・・・。しかも別に東京駅に行ったわけでもないのにそう言って、なんとなく通じる・・・・ちょっと変な言い方だなあと思いつつ・・・。 そんなわけで今日はひさびさに東京に出ました。 うぉっ、車掌ダダダダァ!!うう、車掌がいるぞ・・・・・ひさしぶりに見た車掌は、すさまじく輝いていました。東急はスタイリッシュで、JR東日本はギンギラギンでお願いします・・・・ことにJR車掌、たいへん小柄な男性の車掌をみました・・・・小柄ながら制服はなかなかタイト、金色の襟元がギンギラギンまぶしくて・・・・しかし帽子が大きいなあと思いました・・・・制服のジャケットほどには、帽子というのは、大きさのヴァリエーションがないのかしら・・・小さい頃に夢見た車掌のお人形さん、みたいな、光る目をした車掌、男児だけじゃなく女児だって車掌さんが大好きなんです・・・車掌のことが、気になって、気になって・・・・あああああ、わたしはいつか、あなたになりたくて、手袋して、指差して、黙ってうなずき、ポンポコリン・・・・・大きすぎる帽子の、まなざし美しい車掌が、自殺防止の青い灯りを浴びて、薄めの輪郭、キンキラキン。今日もあっという間に目的地について、当たり前のように手首の時計を見やる小柄な車掌に、ありがとう。安全で、時間通りの運行に、感謝します。 ★ 最近の出来事・・・前に記事に書いたのと同じカフェでの話・・・・ http://ekiin.blog.shinobi.jp/Entry/871/ この記事に書いたのと同じ方だと思うのですが、また着飾った美しい美老人の4人組がおられて、カフェであつ~く話をしていました・・・ ・・・(ふふふふ・・・・キラキラ)、いや、もう、ホリエモンみたいな人が・・・・ミシンは電動でしょ・・・そこに入ると・・・難しくないわ・・・・・いや、そんなにかんたんにはいかないけどね・・・ああ、電話きたわ、失礼・・・・5000円ずつ・・・・お水もらってきましょうか・・・・・ああ、それじゃない、また違う話なのよ・・・・・・いろいろあるわね・・・計算機あるかしら・・・・ ・・・聴こえてくる話の断片が、チョコレートケーキの金粉のように見えてきました。家族はない、周囲もない、人の噂話すらない・・・・この話題だけ、この話題だけ、ほんとに彼女たちの世界は、その話題だけ・・・何時間でも、この話題だけ・・・・世の中にはわたしにはまだ見えていない網の目のようなものが、あるようで、わたしももっと世界を知らなくてはならないと痛感します。どうでもいいですが「ホリエモン」という言葉は浸透力ありますね。 ★ すこし前に献血所に行ったら、わたしがファンだった上原投手の写真がありました。骨髄バンクの登録時かな・・・。けっこうステキな写真だったので、許可を得て、写真(写真の写真)を撮らせていただきました。 野球選手にとって商売道具である、腕。 数億を稼ぎ出す、またとない上原の、腕。 そこに、針を刺す、静脈探す、血液を採取する、という、医療行為。 上原の腕に注射する、ってのは、すごい権限ですね・・・この写真をみて、看護コースを1日で辞めたことをちょっとだけ悔やみました・・・。 ★ 最近はそんなふうに過ごしています。ここ数日は、なぜかイイコトばかりで・・・そろそろシンドイことが来そうな気がして、びくびくとしています。損な性格です・・・。 ♪