駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

フリーが丘の星のバックス

ナニがあったんだろう今日は・・・。

夫とバトミントンしたいと誘ったのに、つかれるからイヤだと断られ、悲しくて悲しくて(小さい頃からわたしの遊びには誰も付き合ってくれない・・・)仲間の論文にコメントを書いて、税務署に行って源泉を収め、郵便局に行って給与支払報告書を処理して、書き損じのはがきを切手に変えて、記帳して、国家試験の勉強しにスターバックスへ・・・・。

となりの席には、おしゃれさん★な、ふたりの女の子。中1のようで、問題集を拡げながらも、ふたりのおしゃべりはやまず・・・・

わたしのとなりに座った子は、色黒でスレンダー、ゆなちゃん。その向かいの子は色白でぽっちゃり、さえちゃん、と呼ぶことにします。どちらも、仮、で。

ふたりはいちおう原宿のモデル事務所に所属しているようで、だけど、事務所やめたいな~、オバサンが写真の整理していてムカツクよ、最近撮影もないじゃん、事務所辞めるにはどうしたらいいのかな~とか話しています。

ゆなちゃんの声は大きく、早口で、よく聞こえます。ゆなちゃんはいろんなことが心配なようです。とくに、クラス替え。男子はどうでもいいけど、どんな女子と一緒になるか、また、担任が誰になるか、ほんとうに心配なようでした。

白いふともものさえちゃんは、のんびりとした子のようですが、ゆなちゃんは、ほんとうにいろいろなものが気になって、いろいろ嫌いなものがある子のようでした。アベ先生は嫌い、きもい、イノウエは眉毛がキモイ、お母さんには最近なまけていると叩かれた、赤点とったら塾を辞めさせられるかもしれない・・・・

・・・ここでわたしは少し驚きました。わたしの頃は、塾にいきたくない子を、親が無理やり行かせるようなイメージがありましたが、いまどきは親があんまり塾に行かせたくないのでしょうか・・・・。

その後もゆなちゃんの独断場は続き・・・・タナカ先輩は親が芸能人なんだよ、いや、ギタリストらしいんだあ、だからギタリストお・・・って感じで歩いているじゃん、むかつく・・・・・とか、あたしさ、ジャニーズにはまってからセイセキがやばい~、あたし原宿を歩けばまたスカウトされるよ、ウザイ、とか、1組のスズキは女子に興味ないって、席替えもどうなるのかな、超心配・・・・・・などといいつつ、わたしのとなりで髪の毛をとかしたり、お化粧をしたりしています。

彼女たちの話は面白かったのですが、自分の勉強もあったので、イヤホンをしてわたしが勉強を始めると、あらふしぎ、彼女たちもふっと問題集のほうに戻ったようでした・・・・・・・

・・・痛いほど、周りの人の視線が、周りの人の存在が気になっていたのでしょうね・・・女性の身体は、与えるものだ、という視線が、少女の膣内でバウンドを繰り返す、パンツ、スカート、光は見られるということ、音は聞かれるということ、自分の身体は誰かに受け止めてもらうためにある、そんな、風船みたいな気持ちが痛くて、前髪がちょっと崩れても、にきびが生まれても、死にそうな気分になってしまうわ・・・・

男の子が電車の写真など撮っているとき、女の子は鏡のまえで、見られてしまう自分というものを見つめています・・・・ブラジャーが胸をしめつけます・・・これからゆなちゃんを襲うであろう、数々のいやなこと、を思って、わたしも胸が締め付けられるようでした・・・・単に食べ過ぎたのかもしれません。

わたしはちょっとぐったりしつつ、その後はひとりカラオケをしたり、ジョギングをしたりしました。ジョギングしているとき、思いっきり転倒しました。やはり運動神経がにぶい・・・。

あと、小室哲哉「罪と音楽」を読みました。断片的に印象に残った部分を書くと・・・

倍音についてわかりやすく書いてありました。姜尚中の声がすばらしい、きっと倍音が出ている・・・・・んだそうです。意外な人選!

あとは・・・話し声にもBPMがあるということ、好きな音楽には好きなリズムが内在しているはずだということ・・・・。音楽は生活や生命のなかに息づいているんだなと実感します。

全盛期はTOO MUCHであったということ・・・TOO MUCHはもういいということ・・・

この本でいちばん印象に残るのは、読後感が妙に夢にあふれているということ。最後に夢を語る部分は、前向きで明るいぶん、あやういなあ、と感じました・・・・苦しい経験から人はどのくらい変わるかといえば、本質的なところはあまり変わらないものだなと感じさせます・・・。

あぶなっかしい夢見がちさ、が、小室さんの魅力なのでしょうね、さすがは射手座さん・・・??

それにしても本文中の木根さんの手紙は人柄の伝わる素晴らしいものでした。

あまりTMには詳しくないわたしですが、聴いてみようかしら。

そんなわけで遊びくらしたお正月でした。

明日から普通にアルバイトが再開です。都心のJRに乗れるね。

笑顔を忘れず、がんばります。