駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ドルフィン・キック・ブルー

来た。 それはともかく、前の日の日記はなんか荒廃してるなあ・・・・。 今日のわたしは、来たせいか、人格が円満になっている。 ひとりで過ごすことは、欠乏などではない、自由なことなのだ。 山手線には、自殺防止のために、青いLED光がある。 駅に到着すると、車掌は全裸になり、この光を浴びるのだ。 車掌のなめらかな肌、尻のカーヴ、青に染まる、青に染まる、あなたの細胞が震えだし、透き通る、癒される、ドルフィンキックで、車掌の身体、跳ねる。 わたしも癒されたくて、写真など撮ってしまいました。 今日は、あまりに肩凝りがひどかったのでマッサージ屋に行きました。一軒家を改造したような面白いところで、前の職場(NPO)を思い出しました。20分程度のコースですが、機械が出てきたり、すごくいろんな施術をされたので、すごい料金がかかったらどうしようと心配になりましたが、普通の値段でよかったです・・・でもあまり肩凝り治ってない・・・。 その後は事務所で仕事です。わたしが怠けている間にもいろんな仕事関連のメールが届き、あるいは仲間とメールを交わし、わたしも頑張らなくっ茶~と励まされました。仕事仲間にはいつも感謝しています。 ♪