駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

中央線のイノリーゼ ~すでに自殺したあなたへ

今日は中央線に乗って御茶ノ水まで行った

このところ、飛び込み自殺の多いという中央線、止まると長いJR、閉所は苦手なわたし・・・・どうか止まりませぬようにと祈りを捧げて、たまたま座れた座席で、薄目をあける・・・・

すうっと吉祥寺、すうっと西荻窪・・・・何事もないときの中央線はこんなにスムーズで素晴らしいものだと思う・・・

すでに自殺した人が、この電車にまだ乗っているなんてことは、ありうるのだろうか?

ふと、向かいにいる人と目が合った、ああ、この人は、生きている人か?いや、きっとケンタッキーのチキンを持っているから、生きている人だろう・・・・か・・・よくわからなくなってきた・・・・

・・・もしや、すでに自殺した人でいっぱいの中央線!

ほほほ~う、よく気づきましたね、マツオカ君。この車両の乗客はみな慰めてほしい人ばかりです・・・慰めてください、ミヤさん・・・・さもないと自殺者は自殺者を呼びそうな勢いなのですよ・・・・・・・と、すでに自殺した人の、なんともいえない存在感が、連結部分あたりにたちこめる・・・・

・・・そんなわけで、すでに自殺した人を慰めるために祈りをささげなくては・・・と思いつつ、スイスイ進む、中央線快速、もうすぐ高円寺、もうすぐ中野・・・・すでに自殺したひとのことを考える、あなたたちは、すごくいろいろな輝くものを持っていて、わたしはなにも持っていない、・・・・ええ、祈りを捧げましょう、あなたはあの世までは何も持ってゆけなかったね、そのキラキラしたものを、神田川に棄てましょうね・・・・いいですか、手を、離して・・・・

・・・ひとりの自殺は5人に衝撃を与えるというけれど 鉄道への飛び込みは 多くの鉄道員さんに あるいは乗客に 果てしない衝撃を与える 待って 待って・・・ただ 祈ることしかできない・・・けど・・・もう 誰も 飛び込まないで・・・わたしが後ろから抱きしめてあげるから・・・・どうか どうか 運転士の青い視界をふさがないで・・・・

・・・ああ、今日も中央線はスムーズだ・・・それは きっと、中央線に乗っている、生きているすべての人間が、自殺したすべての人に、祈りをささげていたのだ、車掌も、運転士も、都庁くらい大きな祈りを捧げていたのだ・・・すでに自殺したあなたへ、あなたもつらかったですね、誰かわかってくれるひとは見つかりましたか・・・・いま自殺したいあなたへ、あなたを抱く腕になりたい・・・・もう少しだけ待ってください、あなた宛に届くメールになりたい・・・・・・・なんてたくさんの祈りたちでいっぱいの、バーミリオンの中央線、みごと時間通りに、もうすぐ新宿・・・・

はっ。

寝過ごした・・・・もう神田ではないか・・・うわああ、乗り過ごした・・・。

それにしても・・・飛込みがあったらどうしよう・・・なんて脅えていたはずなのに、いつの間にか寝てしまったなんて、よほど中央線に安心したんだなあ・・・・・・

 電車内での睡眠は

 運転士への

 最大級の

 賛辞です。

御茶ノ水で降りて 聖橋で振り返ると

今しがた時間通りに滑り込んだ中央線快速が見えた

だれも、だれも、つらいのだけど、今夜いちばん、つらい、つらい、つらいMVP、つらいグランプリ、つらい王者、な、あなたへの、祈りに

包まれて

いた

昨日に引き続き忘年会でした。一部の後輩さんがこのblogをお読み下さっているとのことで、どうもありがとうございます。まいにち読んでくださいね(?)。今日(いつもどおり)凄くアホな発言ばかりしていた気がするのですが、酒のうえでのいいかげんな発言で、どうか忘れてください・・・。なんか、サービス精神が出てしまって、変なことを言わなくてはいけない気がするのですよね・・・あとで反省しますが・・・・。

それではおやすみなさい。