駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

雨・風・寒い一日でした、尿。

今日は、お会いする予定の方が風邪を引かれてミーティングがキャンセルとなってしまったので、ひとりでたまった仕事をこなしていました。

大雨が降りしきり、寒くて、風も吹いている大変な日・・・・でしたが、ひさびさに自由な時間が出来たので、あれこれいろいろな作業が出来て、良かったです。コンタクトレンズを買うのは忘れましたが・・・。それにしてもほんとうに寒かったです。

市ヶ尾あたりで人身事故があったようで、田園都市線の皆様にはお見舞い申し上げます・・・最近、電車も安全のために、もう少し乗車規制をしても良いのではないか・・・とも思うようになりました。まあ、自分が通勤しない人間になったので、そういうことを言えるのだと思いますが・・・ラッシュって危ない感じを与えるものだなあ・・・と、昔よりそう感じるようになりました。もうラッシュには乗れない身体になってしまった。

そんな中、働いている駅員さん乗務員さんには、頭がさがる思いです。今日も風がビュウビュウ吹く中で電車を動かしている人がいるのでしょうね・・・駅員さんにも尿があり、黄色い尿は湯気を放ち、哀愁はすぐに凍りつく・・・・凍れる駅員さんも人間だと思うと、そのいたみにこちらも凍りそうです・・・。せめて風よ、止んでください・・・。

ここ数週間、わたしは元気ですが、夫が病気がちです。糖尿病の診断を受けてからすっかりと病人役割が身についてしまい、極端で自己流の食事療法でかえって弱り、低血糖発作も起こし、おまけに結石もあるらしく痛がって、毎日のように病院に行っては、こういう診断を受けたと、外で仕事してるわたしの携帯に電話をかけてきます・・・・。自分で管理するのが大事なんだよ、とか、きついことを言うと、「僕は弱ってるんだから優しい言葉をかけてくれ」といわれます・・そのたび、わたしはあんまり優しくないんだなあと反省します・・・・自分が弱るとその気持ちもわかることなのですが、自分が強いと相手の弱さを受け入れられなくなってしまいますね・・・・二人組において、相手が病者であり続けるというのは、なかなかしんどいことなのだと実感しますが、「だいじょうぶ?げんきになってね」って微笑んで言えば済むことなので、努力したいと思います。

今日はひとりで過ごしました。食べたいものを食べて満足しました。

 朝   お味噌汁  玄米ごはん ちくわとキュウリ

 昼   明太子パスタ サラダ コーヒー

 おやつ  黒糖ふがしを山のように食べた。

 夜   バーニャカウダー

     もやしと肉とキャベツのいためもの

     ロールパン1個

     ヨーグルト