駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

ミスター・マイク・ぶんぶん!

今日の駅員観察・・・・さるJR東日本の駅に、すてきな駅員さん。今日は寒い日だけど、コートを着ないで、背筋を伸ばす・・・いつもは寒がりのわたしも、今日はわりと身体が温かいのです・・・・駅員さん、がんばってるなあ、と見ていたところ、「オーライ」と電車を見送った駅員が、細長いマイクのヒモを手首にかけたまま、突然ブンブンブンとマイクを振り回し始めた・・・それは意外と激しい動作!ああ、マイク壊れませんか・・・??

駅員の語りはマイクを通じて語られるばかりではなく、駅員はマイクと語っている、いや、マイクで語っている、マイクの取り扱いでナニカを表現している、駅員はなにか、ひとりごとを言っている、駅員の大きな掌の中でブンブンブンと廻されるマイク、電車と電車の間の駅員は、なにを思う、ブンブン、と、もうすぐ電車が来ます、駅員のマイク動作が、まともに、なった・・・。

ステーション・ホスピタル。大岡山駅の真上にある東急病院です。

急病になるなら大岡山がオススメ。

あまり美味しくなさそうな食べ物を見つけました。

なんとなく、これこそ駅のアートだなあ~~~って、納得しました。

リアルじゃないぶん、むしろ芸術性を感じさせる「食べ物」です。駅員さんはきっとこんなものばかり召し上がっているのだわ・・・・。

最近は、正直なところ、知り合いの詩人さんの訃報が届いたり、ちょっと悲しくなるようなことを聞いたり、自分の周りにつらい出来事が多かったです。ですが、懐かしい友からメールが来たり、ちょっとしたことでうれしい気持ちにもなっています。健康で、何か楽しいと思えることがあって、仕事もある、というのは、なんて奇跡的なことなのでしょうね。ささやかなひとことが、人を元気にさせたりすることもあるんだなあと実感します。

明日は仕事も兼ねてちょっとだけ遠方におでかけします★