駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

チチの家に行った

雨がひどかった今日は、父の家に行って掃除などをしてきました。

チチはお刺身とか柏餅を用意してくれていました。階段のまんなかには乾いたGの死体がありました。いったい何日このGは放置されていたのでしょうか。三菱の掃除機の奥へ、さようなら。やっと成仏。

あと、2005年ごろに消費期限のきている缶詰がいっぱいありました。レトルトも、猫缶も。勝手に処分も出来ないのでそのままにしておきましたが・・・。

父の家を見ておもうこと、本は、繁殖します。

本だけの部屋が1部屋あったのですが、そこの本がどんどん増えて、違う部屋まで侵食しています。本がどんどん交尾してどんどん子種を増やしています。あ、VHSビデオもなんか殖えていました・・・・。

相鉄線の駅員にひさびさに出会いました。わたしが駅員駅員と言い出してから、制服が変わってないのは相鉄線だけかも・・・・。藤色のジャケットのなかの真っ白なシャツが、むしろ珍しく、ういういしい感じです。トランクスかブリーフかといえばブリーフのような美しさ。清潔でマジメな感じをうけました。そ~てつの横浜駅はきれいになっていました。

明日は仕事再開といった感じになりそうです。いい夢を見たいです。晴れるといいなあ、おやすみなさひ。