駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

草萌える季節の駅員歳時記

駅員など いつも同じ衣を お召しのような気がしているが

よく見ると 暑ければ脱ぐし 寒ければ着込む・・・

そこに 体感が ある・・・

カレンダーをめくる そのたびに

季節にふさわしい写真が載っている

それと 同じような 調和で

駅員や 車掌は 季節を ふさわしく 彩るもの

なのですね・・・

駅員の表象は 服を着替えたりしないのに

目の前にいる駅員は 綺麗な額から 汗を流していたり

鮮やかにジャケットを脱いで

真っ白なシャツでわたしの目の前に現れたり・・・

息してる 息づいている 生きている・・

ことが

なにより 不思議です・・・

駅員は棒

駅員という棒に串刺しにされて わたしの体がやっと立ち直る

そんなことを考えている

駅員を体内に迎え入れるというのは素敵な考えだ

駅員は外側にいてわたしを抱いてくれるものだとばかり思い込んでいたが

駅員は内側にいてわたしの体を貫通するもの かもしれない

わたしの体に入り込めてしまう 

美しき紺色の 細長き もの・・・

3番線に まもなく電車が参ります

黄色い線の内側に お下がりください 

わたしの内側にある駅員なるものが

バランスボールに座って転んで頭を打ったわたしの体を立て直し

立てよ 生きよと

細い支柱になる

背中を押す

今日は打ち合わせがあり、ST(言語聴覚士)さんが事務所にきてくれました。おせじかもしれませんが、事務所にお越しくださる方はみな、「ここに来ると落ち着くなあ~」とおっしゃってくださり、うれしいです。

その後はさっきまで、近所のスタジオでレコーディングをしておりました。

音源として出せるかどうか、判りませんが、これからミックスダウンを試みてみます。

明日から世間並みにお休みなので、何しようかなあ・・・といろいろ考えています。働く駅員さんを見に行くとか、音源を今のうちつくろうかなとか、いろいろアイデアばかりたくさんです。CAFEにも行きたいし、せっかくだから遠くにも行きたいし・・本も買いたい・・・散在しそう・・・。