駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

イベントありがとうございました

昨日は、レンダさんの結婚記念イベント!いつもよりちょっと長めの、35分程度のステージをさせていただきました。

小さめの客席ですが、お客さんも多く、立ち見の盛況でした。意外というと失礼ですが音や照明には迫力があり、お客さんのノリもよくて、いい気分で行わせていただきました~。

P-Modelのカヴァーバンド?の「ガネーシャ」さんは、機械的な音と作品性に凄みを感じました。音が自律していて、人が歌や音のために奉じているような印象、音に向かってみなが一体に収束しているような不思議な感じ。

そのあとのアラジンチャンスさんは、以前いちど一緒になったことがあります。耳に優しいサウンドで、以前もそうでしたが、風を感じる作品たちでした。ギターの側面を叩く音が、こんなに優しい音だとは・・・・

その後のSPIKYSも、気合を感じさせるライブでした。MALIちゃんの髪型もチョウチンがぶら下がっていて凄かったです・・・。Spikysはめでたいイベントにぴったりですねえ。

つぎはいつのまにかゴスロリ系に着替えていた、今日の主役・レンダさん。幕間が長かったので、幕の向こうでアヤシイことでもしているのかしらと思いました・・・。きっちりしつつも、いつもより優しげな、お客さんに何か出すというよりはお客さんを受け止めるような、そんな寛容な印象を受けました、のは、わたしの思い込みか・・・。

わたしのステージは、パジャマで行わせていただきました。

最後の作品ではハコさんと手をつないで行いました。写真を見せてもらいましたが、黒いドレスのハコさんと、白いパジャマのわたしが手をつないでいるのはすっごい変な感じ・・・なかなかシュールな風景でしたね・・・・。

 愛の心臓マッサージ(かえうた)

 僕はあなたの胃袋のなかで

 海の底の少女たち

 骨と皮の上級生

 れんげの原で、にお君と

 蒸留反応(From森田童子

 水洗トイレに流されるお母様たちの群れ

 大脳エクスプローラあなたを探しに

 ねえねてってと銀の旅

その後は終電ぎりぎりまで飲みましたが、親切な方に、携帯で終電を調べる方法も教えていただき、これから夜遊びに拍車がかかりそうです~。

レンダのおふたりをはじめ、お客様、皆様、いろいろありがとうございました。

なぜか東海道線内で、東京メトロの「駅すぱあと」職員募集を発見しました。なかなか緊張感のあるポスターで、かっこいいですね、うで!