駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

アルバイトで駆け回っていました

まあ・・・駅員ではありませんが、ちょっと気になる、市橋似(?)の警察官。

駆け回るというほどでもないのですが、アルバイトが続きました・・・日ごろノンビリしているので、外出が続くとちょっと疲れますね。でも、出先で駅員さんに出会えるのが、いいところです。このご時勢にやりがいのあるアルバイトがあることも、幸せだなあと思っています。

今日は京王線の駅員さん、素敵に締まった背中を「じい」っと見ておりました。京王線はセンターベント(ジャケットの切れ目が背中に一本)なんだなあ・・・・どっちかといえばサイドに二つ切れ目があるほうが、ヒラヒラして好きではありますが、あの駅員さんの切れ目、いいですよね。駅員の身体部位でいちばん気になります・・・ジャケットの切れ目の向こう。

駅員のジャケットの切れ目が踊るのを見ていた

駅員とは風のようなものだな・・・

人の波にゆらゆらと流されながら、

足の鎖はしっかりと地面につけて

駅員の輪郭線は日暮れに淡くなり

滑り出す列車の車掌と駅員が合図を交わす、

そのときふたりの体はふれあい、溶け合い、輪郭をなくし、一体化し・・・

またちぎれ ふたつの物体に戻る・・・

駅員とはそんなふうに

自在に身体組織を譲り渡し 明け渡し 吸い取る 生き物なのだわ・・・

 お客さん 駅員を つぶさないでください・・・

最後の最後で やっとのことで 薄皮一枚 残っている 紺色の 

駅員らしき残骸が

ひらひら ひらひら

わたしのなかで やっと 生き残る 駅員らしきもの・・・

さて、宣伝です~。松岡宮次回出演イベントは、よき仲間である男女ユニット・レンダさんの結婚披露ライブです。このイベント、「レンダとアナーキーな仲間たち」ってイベント名らしいです・・・(spikysのサイトで知った)。

・・・そうだったのか、アナーキストだったのか我々は!

レンダさんと面識なくとも大丈夫ですので、お祝いのマインドをもって、ぜひぜひ観に来てください。アラジンチャンスさんもSPIKYSさんも競演したことありますが、個性的で面白いアーティストさんです、あ~もちろん主役のレンダさんも独特の雰囲気があり、人生で一度は味わっておくべき世界です・・・わたしの時間は脱力系で、たぶん泳ぎます・・・・。本当は舞台に布団を引きたいんですよね・・・。可能だろうか?

せっかくなので酸欠になるくらいギッシリ立ち見満員にしましょう~。

■「レンダとアナーキーな仲間達~レンダ結婚披露ライブ」

■ 場所 あるとべんり(総武線「平井」徒歩5分程度)(この記事の最後に地図貼ります)

■ 入場 1000円+1ドリンク(500円)

4月25日(土)

17:00~17:40 ガネーシャ(レンダの別ユニット?)

17:50~18:30 アラジンチャンス

18:40~19:20 スパイキーズ

19:30~20:10 レンダ

20:20~21:00 松岡宮