駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

おやきエクスプレスとタイムのハーブ・ティー

おやきエクスプレス

わたしは「おやき」が大好きだ・・・

おやき、おやき、野沢菜を大量につっこみ、ふわりと入れ込み、ふたをする、

青春のにがいオコゲ、おやき、

そこに何を入れ込むのかはあなたの自由、おやき、

タイムカプセル100年目、おやき

焼きたてを耳に押し当て、おやき・子機、

オバケのイメージ、ふわりと白い衣で包み込む暖かき衣、おやき、

おやおやおやき、

信州人の心のふるさと、おやきのお部屋で同衾しながら、

おやき、おやき、ありとあらゆるものをそこに詰め込むことが可能な、

ごみ処理、リストラ、おやきに入れて考えよう・・・

出せなかった手紙、リサイクル家具、おやきに入れて考えよう

はむうはむう、中身を知らずに一気に食いつく、それが信頼というものだ、

毒も腐臭も皮に包まれ無害化しながら成仏する、

ああ、わたしは「おやき」が大好きだ・・・・

事務所で行っている園芸で、ハーブの「タイム」がよく育ってきたので、自宅に数本持ち込み、ハーブティーのようなものを作ってみました。

まな板で刻んでお湯に入れて10分ほど。

見た目は まあ 悪くない・・・

まるで信州のおしゃれなペンションで出てくる素敵なハーブティーのようにも見える・・・

一くち飲めば・・・まるでこれは、サロンパスの煮しめ、あるいは歯磨き粉のエッセンス・・・うぐあうあうぐあううあ・・・・しかし、何か、身体のどこかに効いているような、そんな気がする、そうだ、この液体は薬だ、と、思うようにしよう、わたしの身体を癒して滋養して栄養してくれる・・・ということにしよう・・・むぐわわわわわ・・・まずいまずいまずい、でも何か、これを自分で種から育てたことが、うれしい、たのしい、ぐああああ・・・うれしまずい・・・

そんなふうに過ごしました。仕事だったので駅員さんには会えませんでした。このところ、いろいろあって悩んだりしていましたが、その最中で思ったのは親鸞の「悪人正機」。あまりちゃんと理解してないとは思うのですが、「悪人」を引き受けるということについて、「正しさ」のもつ毒性について、いろいろ考えさせられました・・・なんのこっちゃですが・・・・自分でもまだ整理できてませぬ・・・・。