駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

楽しいよ~☆と言おう

駅員の写真に「フキダシ」をつけるというのは新鮮な考えだ

しかも・・・・どうみても「楽しいよ~☆」という顔はしておられない

駅員の表情と 思惑とが 矛盾するのか・・・

いや、発せられることがば 駅員の思惑を反映するとも 限らない・・・・

激しい風吹く列車、通過のあとに

指でホームのかたちをなぞりながら安全を確認する駅員に

「楽しいよ~☆」のフキダシをあげたい

駅で急病人が発生した!ときの!

冷静そのものの駅員、その服の微妙なシワに

「楽しいよ~☆」のフキダシをあげたい

わたしは このポスターをみて

駅員というものが なんて なんて 感情を隠す生き物なのだろう と 知る

駅員の身体には赤いコードや青いコードが何本も差さって

駅員の身体には情報が右から左へと流れてゆく

駅員には主観など不要なのだ

ただ 情報を吸い込み 情報を吐き出す

   わたくしに言える主観といえば「楽しいよ~☆」だけです・・・

・・・夏を思わせる日差しに放り出された 駅員の美しい身体・・・・

わたしも そんな 身体をもちたい・・・

わたしが わたしを 投げ出す とき・・・

わたしも いつでも フキダシを抱えて旅をしたい・・・

「楽しいよ~☆」とだけ描かれた

白いフキダシを

もって

最近はちょっとバタバタしており、なかなかカフェにもマンキツにも行けません・・・。実際に何が進展しているのだろうと、自己嫌悪に陥ってしまうこともありますが・・・。

いろいろな仕事について、これからはこれまで以上に丁寧な仕事をしたいなあと思っています。それと同時に、今年はアウトプットよりも勉強をする年にしよう・・・・とも思っています。

まあ、申請していた助成が落ちてしまったということもありますが・・・(・_・)

けっこう時間が出来そうな今年度です。

すべてに「楽しいよ~☆」って言えたらいいですねえ。