駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

瞳のすみに駅員の紺

自分のいる車両に、駅員さんが乗り込んでくることが

ある・・・

あっ・・・・

入ってきた瞬間、すぐわかる・・・

あっ、駅員が、この空間に来た、と、

瞳の端に紺色の影

視野周辺部は動体視力が優れているという・・・・

駅員だ・・・・

空気がそこに向かって線を描いて引き締まるわ・・・

すうっと深呼吸

紺色の風をふっと受け止めて 肺で止めて 

重し、

その場の空気は 駅員が中心となるような 配置に 変わる

わたしは

駅員を見つめるわけには いかないので

ガラスにうつる 駅員の背中を

見ている

スルスルスルリ・・・とした紺色の背中の

わずかな くびれを

低解像度の世界で

見つめている

最近はやたらとバタバタしています・・・。

今日は、仕事で、東京「こうか!」大学に行きました。

行ったのは2回目ですが、いつみても豪華さに驚かされます。

どこの国に来たのでしょうか・・・??という雰囲気・・。

馬も走っています。

なんだか、誰かの夢のなかの世界を歩いているようです。不思議の国大学と名づけたいくらいですね。

そんな感じで一日中ばたばたとすごしておりました。このところ、対人関係において、ずいぶん自分はとげとげしかったなあ・・・と少しだけ反省し、明日から温和な人間になろうと決意しています・・・・ってこの宣言自体がまるでエイプリルフールのようです。

メルマガ「月報・松岡宮」は明日の夜に発行予定です。盛りだくさんのものを準備していますのでもう少しおまちください・・・。