駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

山陰本線アクアな旅(鉄以外)

そんなこんなで、仕事の出張ですが、松江を中心にでかけていました。この記事は観光的な記録を残します。 この写真は、松江駅から出ている、循環バスの運転手さん。バスもレトロで美しいのですが、運転手さんのジャケットもなかなか風情がありますね。松江駅は周辺に観光地があって、とても観光しやすいなと感じました。基本はバス移動ですが、自転車があれば自転車でめぐるとよさそうな距離感です。 観光循環バスで、「やくもんち(八雲の家)」へ・・・・。 ねえ知ってる?小泉八雲って、ガイジンなんだってえ~~~~!!! と教えて回りたいわたしですが、そんなことは常識だと笑われました。 やくも記念館の、書斎の再現がよかったなあ・・・。あんな書斎、わたしも欲しいと思いました。 ■ タクシーの運転手さんによれば、島根はいま景気が良いそうです。原子炉を作っていたり(?違ったらすみません?)、NHKドラマの影響もあったり、世界遺産パワーもあるようで、産業が盛り上がり、観光客が増えているとのこと。 わたしの印象ですが、松江はチャラチャラしてないし、浮ついたところのない街だなと思いました。それは地味ということにもつながるのかもしれませんが、そういった地に足の着いたところが、神話のイメージともあいまって、スピリチュアルな神秘性を帯びて人気があるのではないでしょうか。 島根のもつスピリチュアリティには無自覚に過ごした旅でしたが、帰ってきて思うのは、なかなかいいとこだったなあ・・・・ということです。アクアライナーという名の電車がありますが、ほんとうに水の都でした、松江。 流れる水のように、あわてないで、流れるままに、静かに運命を受け止める水鳥のように・・・・わたしもそんなふうでありたいです。