駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

それでこそ駅員

黄色い線の内側に下がって下さい! 雷鳴のよう 駅員の声が構内に響き渡る ホーム大変混雑しております 向かいの9番線、電車参っております、お下がりください、下がって、下がってください!! 久しぶりだわ・・・この、駅員の、強い、強い、激しい、アナウンス・・・・ ぞくぞく。 はい、9番線に機関車が参ります・・・下がって!下がってください!危ないですから!黄色い線の内側に下がってください!押し合わないでください!フラッシュたかないでください!フラッシュたくといい写真が取れませんよ!!押し合うといい写真が取れませんよ!下がって、下がって、機関車が参ります・・・ 駅員の激しい太い声が、献血のあとの静脈に突き刺さり、わたしのからだを走り抜ける、ああ、これだ、駅員とは、これなのだ、この、気高さ、わたくしの身体(しごと)にさわるんじゃない!!この、近寄りがたさ、硬さ、この、激しい誇り・・・・ 押さないで、押し合わないでください、下がってください!!はい、機関車が連結します・・・最後の連結です・・・フラッシュたかないで、フラッシュたくといい写真が撮れませんよ、最後の連結です・・・・ ぞくぞくぞく、これでこそ、駅員だ・・・・。もっと、もっと、怒鳴っていい・・・下がれ下がれと叫んでいい・・・ぞくぞくぞく。 発せられる声のひとつひとつに、駅員が、鉄道を、列車を、本当に大事に思っていることが感じられます。 わたしは乗ったことはありませんが、京浜東北からゆるやかに追い越しにかかるクールな顔を見て、旅情をいつも感じていました。 「富士・はやぶさ」、おつかれさまでした。 ■ 今日は締め切りを控えた原稿を、CAFE「みやま」で「が~~~っ」と仕上げました。CAFEみやま、電源があり、ランチはサラダ・サンドイッチと紅茶のセット、仕事のような人が多くて、長居しやすい、とても気に入っています。本当は教えたくない、大好きなカフェです・・・・。 土日は仕事です。障害を負った方との交流について、よく「かわいそうと言ってはならない」などと言われますが、「同情心」はときに大事なんじゃないかなあとわたしは思います。もしかしたら障害者は、わたしの先に(前方に)いるひとかもしれないよ、とも思います。おりしもANAのネット予約の分かりにくさにブチギレたわたしは、「判らない」ということがどれだけひとを不安にさせるのかと実感しています。わたなべまりなの歌を聴きながら・・・健康であることに感謝しつつ、なんでマリナなんだ? ♪