駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

白いもの、ヨウコソ

白きロマンスカーVSE、

町田へヨウコソ、本厚木へヨウコソ、

「ああ、おれも落ちぶれてしまった・・・」などと相模川の真上で

泣かないで・・・

ブランシュ、クレーム、白い車掌がそっとなぐさめてくれる

町田、本厚木、いい町だよ、いいまちだ・・・さて、それらは何県にあるでしょう・・・?

本音をいえば、わたしは自分の白髪がわりと気に入っているのかもしれません。

自分のもつ荒々しさに、むかしから苦々しい思いを持っていたので

自分がなにやら滅びに向かって弱りゆく兆候を示すことは

もちろん、寂しいことで、うれしくはないですけど

「白いもの、ヨウコソ」

・・・どこかほっとするような気も、するのです。

さいきん高校時代の同級生とよく会いますが、わたしがいちばん覇気が無いなあと思います。仕事、子育て、家族関係・・・・みんないろんな役割を持っていて、ほんとうにえらいなあ・・・・。わたしは永遠に自分が子供であるようなポジションにしがみついていて、自分を子供で居させてくるような環境にのみ所属して、それにずっと甘え、母を亡くしてはまた新たな母を見つけて寄生し、いまだに女子部の校舎でひとりで机に残って宿題をやっているような気分です・・・・・

ああ、漸化式が解けないよ!nとn-1はどんな関係、あやしいの、ひゅうひゅう~・・・・って、みんなもうn→∞に向かって進んでいるのにね・・・・。

いつも1日発行のメルマガですが、ちょっとだけ遅れます、ごめんなさい。