駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

おおたかの森、TX!

TXの制服のジャケットは いつになっても見慣れない・・・

腰のあたりの青い線に いつまでたっても慣れない・・・

だが

その ジャケットデザインとしてありえない無理やりさ が

まさに 資格を得た 乗務員の証、なのだろう・・・・

体にペンキで青いラインを描かれて、大空に放たれた、鷹の運転士。

雨上がりのつくばエクスプレス、ダイヤは順調。

 TXに乗られるのなら お客さんも、どうぞ・・・・。

といわれて 

わたしも腰に青い輪っかを括りつける

子宮の真上に きびしい青さを塗りつけられたわたしを乗せて

加速するどくTXは疾走する

鳥のGで、加速、押される、

怖くない、怖くない、

「流れる山」、という、痛ましい名前の駅名が続くあたりが

この旅のひとつのピークとなる

流れ流れ山セントラルパーク?流れ流れ山おおたかの森?柏の葉キャンパス?かしわ田中?未来だいら?・・・・

たま・たま・たま・たま・ぷら・ぷら・ぷら~~~~~ざ!!

・・・関係のない駅名が混ざっております・・・・

そのときわたしたちは空、飛んだ

きっと、おおたか、空、飛んだ

お客さん、大丈夫、腰のベルトをしっかり締めて、

130キロ飛ばします、これだけ速いと、これだけ高いと、もうかえって恐ろしくないでしょう・・・何もかも。

夕映えの空に青い腰のラインが

いくつも いくつも 森へ

おおたかの空にいつまでも浮かんで遊ぶ

運転士たち、乗客たち。

そんなわけで、久々にTXに乗って打ち合わせをしてきました。打ち合わせと称して美味しい夜ご飯をいただくのが楽しみなのですが、今日は話題の「IIAS(いいあす)」に連れて行ってもらいました。お店たくさんで、大きな書店がありましたね~。偕楽園も見ごろで、茨城県、かなりノッているようでした。

(追記)

小田急なりきりグッズ販売、とな!

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/20/news117.html

小田急のもつ、「わたくしたちってカッコイイでしょう、わたくしたちみたいに、いや、わたくしたち、そのものになりたいのでしょう、お客様、わたくしに惚れてるのはわかっているんですよ、ちょっぴりそんな気分を、ダンボールで味わわせてあげましょう・・・・」といった自信はすごいものがあります。