駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

凸の王(とつのおう)

大阪?のどこかの駅。本文とは関係ありません。

トツ、トツ、やさしく押さえる、駅員の、手。

東急の駅員が優しく押し込む乗客の、トツ。

駅員の大きなパームに包まれて急にしおらしく、トツ。

渋谷の駅で奇声を聞いたような気がした、トツ。

すると駅員がすばやいスピードでその音の出所に

かけてゆく、

抑える、

トツ。

不審な荷物、こぼれた叫び、勃起したペニス、挑発のアサーション

・・・すべてのトツは、駅でこれを許さず。

ふさぎます、抑えます、すべてのトツを、わたくしが。

・・・すみませン・・・!

・・・わたしの体にいまふれた、駅員の手の大きさ、わたしはとても好きです、好きです。

満員電車で

駅員によって平らになったわたしの、胸、は、

なにやら誇らしげ、に、

なにやら身軽げ、に、

風にはためく

なにかが描かれていたスケッチブック

駅員の愛撫を

思い出す

ここ数日は、ノロマ~なわたしにとっては忙しい日々でした・・・・。アルバイトが続いたり、もらって一週間でとつぜん物理的に壊れたVAIOを抱えて品川のSONYに行ったりしました。駅員は好きなのに、受付の若い女性があんまり好きじゃないというか話していると腹が立ってくるのはどうしてなんだろうと考えています。話術のうそ臭い失礼さでいえば、駅員も似たようなもの?なのに?ね?

日曜日のイベント「てっちゃん215」の記事が主催のSHINさんの日記にあります。写真なども充実していますので、よろしかったらみてみてくださいね、じおらーま!

http://blogs.yahoo.co.jp/takonomida/49554150.html