駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

翼をはずして丸の内線

少し前の丸の内線。今と違う点がありますね・・・どこでしょう?!

ホームドアを付けてからというものの

丸の内線の車掌は

車掌室のドアを開けられず

小さな細長い窓から

やっとの思いでホームを見やっている

日々

今日見かけた車掌は すらりとした長身で

それは それは 苦しそうだった

一瞬の光に目を細めて

 「つぎは 御茶ノ水です・・・」

肩甲骨が息を潜める

なんて広い背中

いま 

たたんで 

たたんで

やっとのことで 窓から胴体をのぞかせて

いる

 ・・・あなたの翼を少しの間 代わりに持っていてあげたい・・・

すると

車掌はその広い背中に付いている

美しい翼の 根元のネジを

くりくりくり・・・と緩めて・・・

 ・・・・大丈夫です 外れますから 大丈夫です・・・

 ・・・・お客さん、ちょっとだけ 見ないでくださいますか・・・

 ・・・・車掌がいま 背中の翼を 外しております・・・・

そうして

・・・ごろん。

すっかり細身になった車掌の足元に

翼が転がっている

 ・・・これでもう 大丈夫です 大丈夫です 

 ・・・乗務を終えたら また裏で 組み込みますから 大丈夫です・・・・

細い隙間からまた安全確認をしている

車掌

長身の首をかしげてスワンの微笑で

「よし!」と

過ぎ去った駅を指差して

いった

■ 

そんなこんなで何もしないまま時が過ぎてゆきます。毎日のんびりと過ごしています。昔から、まわりの同級生と比べて若さというかエネルギーがないなあと思っていました。親戚とかみてもなんとなく若いころから余生みたいな雰囲気のひとが多いような気がします。気のせいか。明日は仕事、がんばります。